テーピング

硬くなってうっ血した肩こりをテーピングで解消!

うっ血した肩こり

硬くなってうっ血した肩こりをテーピングで解消!

事務仕事やPC、スマホなどで同じ姿勢を繰り返し続けたり、ストレスや緊張などで肩や首が緊張してしまう。

よくありますね!

このような負担が肩にかかると、筋肉や筋膜が緊張して硬くなり、近くを通る血管が圧迫されます。

それによって抹消の血管の循環が悪くなり機能が低下した状態を「うっ血」といいます。

「うっ血」になると「むくみ」も同時に起こります。

細胞から排出された老廃物や二酸化炭素はリンパの中へ吸収されます。

しかし、筋肉や筋膜が硬いままだとリンパへの回収が滞り、「むくみ」となります。

こうなると血管もリンパ管も圧迫され「うっ血」と「むくみ」の悪循環になります。

抗重力筋の緊張

肩こり

抗重力筋とは重力に対して、身体が倒れないように姿勢を維持する筋肉のことです。

頭を支えるのは僧帽筋、胸鎖乳突筋。

背骨を支えるのは脊柱起立筋。

骨盤は大臀筋、腸腰筋。

これらの筋肉で身体は支えられています。

これらの抗重力筋の筋肉は他の筋肉に比べて「筋紡錘」というセンサーの役目をする組織があります。

この筋紡錘には交感神経が多く分布しています。

心身のストレスが多くなると交感神経が過剰に働き、この交感神経が血管を縮めて筋紡錘の多い抗重力筋の血流が悪くなり、こりの原因になります。

肩こり代表的な筋肉である僧帽筋は抗重力筋であり、血流が悪くなってうっ血しやすい筋肉でもあります。

テーピングで「うっ血」と「むくみ」を解消しましょう!