ランナーのトレーニング

股関節から脚を動かすためのランニングドリル

股関節から脚を動かすためのランニングドリル

ランニングドリル

#ランニングドリル
ふくらはぎや膝の関節、股関節に痛みのあるランナーの場合、股関節をうまく使えずに関節や筋肉に負担をかけるランナーは多いです。股関節周りの筋肉が硬くなると、着地時に、いったん脚全体でブレーキをかけるようになり、地面からの反発力をうまく使えず、弾むような走りができないために、膝から下の筋肉の力を最大限使うことになり、力まかせで走ることになるので、ふくらはぎやアキレス腱、足裏に負担がかかります。また地面からの衝撃はかかとやスネの骨に負担がかかり、膝関節、股関節にも痛みが発生する原因になります。
ランニング中は繰り返し動かし続ける股関節。正しく脚を動かすことを身体で覚えさすためにランニングドリルをランニング前に取り入れましょう。
慣れるまではゆっくり確実に脚を動かしましょう。一つのドリルで10〜20歩ほどを目安に行いましょう。