テーピング

肩が痛い、上がらない!テーピングで痛みを解消

肩が痛い、上がらない!テーピングで痛みを解消

中高年から多くなる五十肩。

「腕が上がらない」「突然、肩周囲に強い痛みがある」「寝返りをうつ時に痛みで目が覚める」こんな症状に悩まされていませんか?

四十肩、五十肩は正確には「肩関節周囲炎」といいます。

激しい痛みの急性期を過ぎ、慢性期になると肩を動かしにくい、動かすのに制限がある日が続き、鈍い痛みや動かすときの強い痛みに悩まされます。

1年〜1年半で大半の方は痛みが治まり、動きの制限も徐々に回復してきますが、治っても肩の関節の可動範囲が狭いままの方も多いです。

これは痛みのために動かす範囲が少ない期間が長く続いたために、関節が固まってしまっている状態です。

このような状態にならないようにするには早い時期から痛くても腕を動かす体操やストレッチが大切です。

・・・でも痛くて動かすのがつらい。

痛みが大きい時はテーピングで肩の筋肉を支えるとマシですよ!