テーピング

腰痛になった時にするべき腰を補強するテーピング

腰を補強するテーピング

腰痛になった時にするべき腰を補強するテーピング

ぎっくり腰を予防するためにしておきたいこと。

長時間同じ姿勢は腰の血行を悪くします。1時間に1度は立ち上がったり、歩いたりして腰を動かしましょう。

飲酒は一時的に腰の症状を忘れさせてくれますが、酔いが醒めると腰を冷やすことにもなります。また、飲酒、食べ過ぎは右の背中が張りやすくなり、腰の動きを悪くします。

中腰

重たいものを持ち上げるときは中腰で持ち上げないでください。

中腰で持ち上げる

中腰で荷物を持ち上げたとき、荷物+上半身の重みが腰に集中してかかります。

また、太ももからの筋肉の収縮で椎間板に大きな圧力もかかります。

膝を曲げて膝を曲げて、腰を落として持ち上げましょう。

膝を曲げることにより腰への負担が大きく減ります。

立ち上がったときは荷物を体の軸に引き寄せながら持ちましょう。

そして腰痛にはテーピングが効果的です。
不安感がある時、痛みがあるときはテーピングで補強しましょう。