腰痛体操

腰痛対策〜骨盤体操とドローイン〜

腰痛

腰痛対策〜骨盤体操とドローイン〜

骨盤の可動域が小さいと腹筋の収縮と伸長が十分行えません。さらに横腹から腰を安定させる腹横筋の働きが弱まると腰が不安定な状態となり、腰痛の原因になります。
骨盤の可動域を引き出す体操とお腹を凹まして腹横筋を刺激するドローイン。この2種類の体操で腰のぐらつき、固さを解消しましょう。

正しくドローイン出来るようになると体幹のコアの部分が鍛えられます。中でも「腹横筋」に対して特に効果的です。「腹横筋」はサポーターのように体の軸を安定させて正しい姿勢にする筋肉なので、この筋肉が直接鍛えられれば、体の軸が安定して腰痛が解消されます。