ストレッチ

運動の後に疲れをためず、ケガをしないためのストレッチ

運動の後に疲れをためず、ケガをしないためのストレッチ

ケガをしないためのストレッチ

運動を終えた後、温かくなってきたからといって、アフターケアを忘れがちになっていませんか。運動後のストレッチは、疲労回復やケガの予防に非常に大切です。 まずはじめに、トレーニングを終えた後、筋肉の中にたまった疲労物質を排出する効果があります。硬くなった筋肉をゆるめ、柔軟性を回復させると同時に、運動で傷ついた筋組織への修復も進めることができるため、ケガの予防にもつながります。なので、急に運動を止めてしまうと筋肉組織に滞って、疲れが取れにくくなります。 次に、運動の強度が高いほど、筋肉と心臓は連動して血液を体内に循環させています。そのため、急にトレーニングをやめてしまうと筋肉中にある血液は内臓へと戻りづらくなり、めまいなどの体調不良につながる可能性があります。なので、少しずつ強度を落とすクールダウンを行うことで、無理なく全身への血流回復を促し、体への負担を軽減することができます。 ケガの予防や、体の疲労回復のためにも、トレーニング後のストレッチを習慣づけていきましょう。