鍼灸

顔のお灸

えっ!顔にお灸できるの!?

顔にもお灸は出来ます!

顔へのお灸は「怖そう」「熱そう」そんなイメージもあるかもしれません。
しかし、最近では直接「もぐさ」を皮膚に当てずに、皮膚と「もぐさ」の間に空間のある台座灸が主流になっています。そんな台座灸で、温度が低い42℃程度のほんのりとした熱さのものがあります。この温度だとお風呂程度の温かさなので安全にお灸をすることが出来ます。

顔に温熱刺激を加えるだけなら蒸しタオルやホットアイマスクなどがありますが、お灸ならばピンポイントで刺激を与えます。つまり、ここぞという効果的なツボに効果を与えることが出来ます。
つまり顔へのお灸は気持ち良いだけのものではなく、目の周りの眼精疲労のツボや、額の筋肉を引き締めるツボ、自律神経を整えるツボなどに刺激を与えます。目の周りや、額やこめかみはツボの密集しているポイントです。試しに、指で目の周りや額を軽く押さえてみてください。「あ〜!そこ!!」という気持ち良い箇所があると思います。そういった箇所はむくんだり、筋肉が硬くなっている場所です。
こういった箇所へのお灸で、局所の循環を変え、筋肉の拘縮をゆるめます。
また、体全体の不調が顔の筋肉や皮膚に影響します。お灸によって新鮮な血液が全身をめぐるようになると体全体もスッキリしますよ!

顔へのお灸の良さは実際に体験してみないと分かりにくいです。
お灸をした後は目の周りが「シャキーン!」として「ぱ〜っと周りが開ける」感じがします。これはぜひ多くの方に体験して欲しいですね!

顔へのお灸を希望される方は、受付にて申し出てください。鍼施術と組み合わせるとより効果的ですよ!

顔への鍼と灸

関連コラム

最近の記事

  1. 足首のブレを抑えて安定させる筋力トレーニング

  2. 腰、股関節そして膝関節のブレを抑えて安定させるための筋肉トレーニン…

  3. 腰まわりの筋肉をほぐすストレッチ

  4. じんわり気持ちいい!背骨のねじりストレッチ