運動

お手玉

ライフキネティック

ライフキネティックはドイツ発祥のトレーニング方法で、簡単な動きで脳機能を活性化させるためのトレーニングです。これは、筋肉や骨格等の身体機能よりも、視覚機能・認知機能に着眼点を置き、脳に刺激を与えることを第一の目標としています。
つまり、ライフキネティックで行うことは、運動と脳トレを組み合わせたエクササイズをすることです。

色と数字

たとえば前後左右に動く運動を行うとします。最初は指導者の指示通りに移動することを繰り返します。次に、トレーナーの指示した方向と逆の方向に移動するようにします。この指示は色や数字などで言われたりしながら繰り返します。

つまりは脳トレと同様に異なる行動・思考を両立させるトレーニングをします。
お手玉を左右の手で投げながら手をクロスさせて手を入れ替えたり、これをバランスボールの上で行ったりする練習も行います。

ライフキネティックのトレーニングは単純で簡単そうですが、実際は意外と難しく、感覚が掴めなくなって、ミスを連発してしまいます。しかし、これが脳機能を高め、身体能力と連動させて強化できます。

そうなると次のような向上が見られます。

1.脳細胞同士のつながりが強化される
2.競技のミスが減る
3.ストレスに打ち勝つ力が備わる
4.短期間のうちに競技能力が上がる
5.脳の老化を阻止する
6.年齢に関係なく認知能力がよくなる
7.瞬間的な判断が素早くできる

体操教室

関連コラム

最近の記事

  1. 足首のブレを抑えて安定させる筋力トレーニング

  2. 腰、股関節そして膝関節のブレを抑えて安定させるための筋肉トレーニン…

  3. 腰まわりの筋肉をほぐすストレッチ

  4. じんわり気持ちいい!背骨のねじりストレッチ