ハイトレ

横隔膜

意識して深い呼吸へ

横隔膜を使えば呼吸はストレスを少なくするのに効果が高いです。
まずは横隔膜を使う呼吸をしてみましょう。
最初はお腹を膨らませながらゆっくり息を吸い、お腹をへこませながら長く吐きます。
この深い腹式呼吸を意識的に行うと、普段よりも横隔膜が上下に動く幅が大きくなります。
横隔膜が大きく動くと、その周辺にある神経叢が刺激され、自律神経の活性化にもつながっていきます。
スマートフォンやパソコンで集中して作業をしていると、知らないうちに、姿勢は前かがみに、呼吸は浅く早くなっていることがあります。
浅く早い呼吸が長時間続くと、交感神経が優位になり、次第に自律神経のバランスが崩れてしまいます。
だからこそ、意識的に深い腹式呼吸を行い、横隔膜を大きく動かす必要があります。
日常的にストレスを感じている人ほど、意識的に横隔膜を動かす必要がありますね!
緊張したり、ストレスがかかると交感神経が高まり、呼吸は自然と浅く早くなります。
ゆっくりと長く吐く呼吸をする事で、横隔膜を介して副交感神経が刺激を受け、自律神経のバランスが整います。
横隔膜を大きく動かす深い腹式呼吸は「自律神経のバランスを整えるマッサージ」のようなものです。
意識して深い呼吸をすることが、心身のメンテナンスになりますよ!

橋本接骨院ではハイボルテージ電流とマイクロカレント電流で自律神経を整える施術「自律神経調整」をしています。詳しくは施術の際にご相談ください。

横隔膜を大きく動かす深い腹式呼吸は「自律神経のバランスを整えるマッサージ」のようなものです。
意識して深い呼吸をすることが、心身のメンテナンスになりますよ!

関連コラム

最近の記事

  1. 足首のブレを抑えて安定させる筋力トレーニング

  2. 腰、股関節そして膝関節のブレを抑えて安定させるための筋肉トレーニン…

  3. 腰まわりの筋肉をほぐすストレッチ

  4. じんわり気持ちいい!背骨のねじりストレッチ