手技

サポーター

腰を守るサポーター

腰のサポーターには腰の固定と腹腔内圧を高めるという2つの役割があります。機能を理解して選ぶようにしましょう。

腰に痛みのある時、腰のサポーターやコルセットをして固定することは大切です。
この腰のサポーターには2つの役割があります。

腰の固定
ギックリ腰や急性の腰痛は痛みも強く、姿勢を維持するのにも難しくなります。サポーターは背中側の腰をしっかりと支えて、上半身の反り返りを防ぎ、腰への負担を軽減します。痛みが強い時ほどサポーターの幅が広い方が固定力は高くなります。また、アルミやプラスチックの板で固定力を高めているものもあります。
痛みが軽度であったり、腰痛予防で使用する時は固定力の弱いサポーターが向いています。固定力が弱いかわりに動かしやすい構造で、薄く、軽くいものが多く、装着してもゴツさを感じたり苦しくないです。

腹腔内圧を高める
腹腔内圧とは、胃や肝臓、小腸や大腸などお腹にある大切な臓器には常に圧がかかっています。この圧力は内臓が垂れ下がったり、ぐらつかないように位置をキープする働きがあります。腹腔内圧が低下すると体の前側から姿勢を支えることが難しくなります。
サポーターは横腹とお腹の前からギュッと圧迫することで腹腔内圧を高め、腰への負担を減らします。

腰が痛い人はもちろん、日常的に腰に負担がかかることが多い方は、サポーターを装着することをオススメします。
サポーターにはそれぞれ固定力、圧迫の調整の仕方によって多くの種類があります。
また、スポーツ向けや、保温するなど機能があるものもあります。
橋本接骨院では常時、多数の種類を用意していますので、最適な選び方を提案できます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

サポーター以外にもコスパを優先するのであれば「サラシ固定」をオススメします。
とても安価で、しっかりとした固定力があります。ただし、上手く巻くのにコツが要ります。「サラシ固定」の方法もお教えしますので、いつでもお尋ねくださいね!

腰が痛い人はもちろん、日常的に腰に負担がかかることが多い方は、サポーターを装着することをオススメします。
サポーターにはそれぞれ固定力、圧迫の調整の仕方によって多くの種類があります。
また、スポーツ向けや、保温するなど機能があるものもあります。
橋本接骨院では常時、多数の種類を用意していますので、お気軽にご相談ください。

関連コラム

最近の記事

  1. 足首のブレを抑えて安定させる筋力トレーニング

  2. 腰、股関節そして膝関節のブレを抑えて安定させるための筋肉トレーニン…

  3. 腰まわりの筋肉をほぐすストレッチ

  4. じんわり気持ちいい!背骨のねじりストレッチ