鍼灸

鍼灸

鍼の鎮痛効果

鍼には痛みを抑える鎮痛作用があります!

鍼施術・・・「痛そう」「怖い」というイメージを持たれている方は多いですが、それは勘違いです。
実際、我慢しながら鍼施術を受けている患者さんはほとんどないです。多くの患者さんは鍼施術を心地良く受けています。
そして「痛そう」というイメージもある鍼施術を多くの患者さんが要望されるのはなぜでしょう?

鍼には痛みを抑える鎮痛作用があります!

鍼をすることで、痛みを抑制するホルモン物質が脳の中で作られ、痛みを脳に伝える神経経路をブロックし痛みを抑えます。
そして、患部の血液のめぐりを活性化して、白血球を増加させることで、痛み、疲労、炎症の原因となる物質を老廃物として排出する働きがあります。
また、 自然治癒力を高める効果も確認できています。これは身体が弱った時に自然本来の状態に戻す働きで、血行、内臓、免疫などの働きをその人が持つ本来の正常な状態に戻すよう、身体に働きかけます。
鍼は継続して施術を続けることで、体質を強く変化させ、弱った身体を改善していくことができます。

橋本接骨院で使用している鍼は、太さ0.18〜0.2mmの鍼です。これは髪の毛より少し太い程度で、とても細く痛みも少ないです。鍼の材質は折れにくいステンレス製の鍼を使用し、使い捨てですので衛生面でも安心で安全です。

鍼をすることで、痛みを抑制するホルモン物質が脳の中で作られ、痛みを脳に伝える神経経路をブロックし痛みを抑えます。

関連コラム

最近の記事

  1. 足首のブレを抑えて安定させる筋力トレーニング

  2. 腰、股関節そして膝関節のブレを抑えて安定させるための筋肉トレーニン…

  3. 腰まわりの筋肉をほぐすストレッチ

  4. じんわり気持ちいい!背骨のねじりストレッチ