鍼灸

お灸日和

鍼灸と経絡

鍼や灸の効果を最大限活かすには「経絡」の流れを考えないとダメなのです。

鍼やお灸はただ単に痛いところにするものではありません。
高い効果を出すには「ツボ」を正確に当てないと効果が全く違ってきます。「ツボ」にはそれぞれ効能があります。冷え性や腰痛、肩こりなど「ツボ」を選択して組み合わせて鍼をしたり、お灸をすえたりします。
そして「ツボ」は全身を巡る「経絡(経絡)」という通路を通っています。その通路には「気・血・水」という生命活動に必要なエネルギーのようなものが流れています。「経絡」は12本存在し、それぞれ関連する臓器があります。どの「経絡」の機能を高めるか、または抑制させるかということを考えながら「ツボ」も選択されます。
つまり、肩が痛い時にはこの「ツボ」、腰が痛い時はこの「ツボ」が効くという方法では6〜7割の効果しか出せません。
鍼や灸の効果を最大限活かすには「経絡」の流れを考えないとダメなのです。痛い箇所だけでなく、全身状態を観察し、脈や呼吸の状態、皮膚の色や舌の状態などから「経絡」の状態を理解することになります。

肩が痛い時にはこの「ツボ」、腰が痛い時はこの「ツボ」が効くという方法では6〜7割の効果しか出せません。
鍼や灸の効果を最大限活かすには「経絡」の流れを考えないとダメなのです。痛い箇所だけでなく、全身状態を観察し、脈や呼吸の状態、皮膚の色や舌の状態などから「経絡」の状態を理解することになります。

関連コラム

最近の記事

  1. 足首のブレを抑えて安定させる筋力トレーニング

  2. 腰、股関節そして膝関節のブレを抑えて安定させるための筋肉トレーニン…

  3. 腰まわりの筋肉をほぐすストレッチ

  4. じんわり気持ちいい!背骨のねじりストレッチ