基本の施術

急処(きゅうしょ)

痛気持ちよいけれど、とても効果的な急処

急処(きゅうしょ)とは「急務なる調整点」のことです。
つまり、手技施術の時に、まず最初にしておきたいツボの意味です。
よく「痛いツボ」「特効穴」と思われがちですが、最初に急処を刺激しておくと後の手技がスムーズにできる場所と思っていいでしょう。
施術の時には「冷えの急処」「肝臓の急処」「頭の急処」などを刺激することが多いです。中には痛い急処もあります。
「冷えの急処」「肝臓の急処」などは痛気持ちよいですが、いざという時はそれがとても効果を高めます。