機能回復

筋肉を強くするハイボルトレーニング、腰トレ肩トレ

ハイボルトレーニング、腰トレ肩トレの効果

筋力を強くする促通と過緊張を除く抑制

痛めている箇所の筋肉は力が弱くなり、体を支えたり、動かす力が少なくなっています。

これらの筋肉をトレーニングで強くするだけで、再発の予防にはなりません。

弱った筋肉のバランスを取るため、過度に緊張して固くなり機能しにくくなっている筋肉を活性化しないことには腰トレ肩トレにはなりません。

ハイボルテージ電流は筋肉を活性化させることのできる電気治療です。ハイボルトレーニング、腰トレ肩トレはこのハイボルテージ電流を狙った筋肉に効果的に刺激を加えて活性化させます。

ハイボルトレーニングと腰トレ肩トレの違い

どちらもハイボルテージ電流を流すことでは同じです。腰トレ肩トレは腰や肩の筋肉に特化したプログラムで筋肉を強化するのに対して、ハイボルトレーニングは特定の筋肉だけを収縮または弛緩させた状態で行うので、ピンポイントで筋肉を強化できます。

ハイボルトレーニングと腰トレ肩トレを組み合わせて施術することも多いです。

トレーニングの注意

機能が低下した筋肉に刺激を入れて本来の力を取り戻します。そのため週に2〜3回の施術が効果的です。

ただし、症状の強い時は毎日続けてください。詳しくは施術の時にお尋ねください。

筋肉を強く刺激するので一時的に疲労感、痛みが残ることがあります。

筋トレ同様、変化を感じるまで1〜2ヶ月続けましょう。

自宅でもトレーニングを併せることをおすすめします。