腰痛対策~柔軟性アップするストレッチ~

腰痛

腰痛を予防、改善するには筋肉の柔軟性を維持して、腰椎の可動域を確保しておくことが大切です。
まずは立った姿勢で反動をつけずに前屈してみましょう。指先を床につけられない人は、腰まわり、背筋、ハムストリングスが硬くなっていますよ。

YouTube動画はこちら
腰痛対策~柔軟性アップするストレッチ~

腰痛対策

大臀筋ストレッチ

脚を組む

あお向けになり、片側の膝を曲げて、その太ももの上に反対の足首を乗せます。

大臀筋

両手で下になっている太ももを手前に引き寄せて、上体を起こします。

このまま20秒間キープしましょう。反対側の脚も同様に行います。

腰方形筋ストレッチ

腰方形筋

床に座り片脚をまっすぐ投げ出し、反対の膝を曲げ、足裏を伸ばした脚の太ももに当てます。曲げた膝を反対側の手で動かないように押さえ、一方の手は後頭部に添えます。

伸ばした脚へ倒す

上体全体を伸ばした脚の方に倒しましょう。この時、猫背にならないように気をつけて下さい。

このまま20秒間キープしましょう。反対側も同様に行います。

脊柱起立筋

脊柱起立筋

四つ這いになり、両手を肩の真下、両膝を股関節の真下に位置をとります。

背中を丸く

両手と両膝で床を押さえて、お腹を凹ませながら背中を丸くして背中全体を伸ばしましょう。

このまま20秒間キープして下さい。

脊柱起立筋上部

起立筋上部

イスに浅く座り、脚を大きく開きます。

背中を丸く

両手で頭を抱え、背中を丸くして、閉じた両肘を脚の間に下げるように背骨を曲げていきます。

このまま20秒間キープして下さい。

ハムストリングス

ハムストリングス

床に座り、片脚を前に伸ばし、反対の脚は膝を曲げて床に置きます。

おへそをお腹に

背筋を伸ばしたまま、おへそを膝に近づけるように身体を前に倒し、両手でつま先をつかみます。

このまま20秒間キープして下さい。反対側も同様に行いましょう。

関連記事

  1. 菊の花の前

    実は怖い「咳」

  2. ジャンプで腰痛

    ぎっくり腰のツボ1 腎兪(じんゆ)

  3. 下半身

    筋トレ後のストレッチ〜下半身〜

  4. ドゥケルバン腱鞘炎

    ドゥケルバン腱鞘炎を改善するストレッチ

  5. 猫背

    猫背の改善プログラム

  6. ミニボール

    イスに座ったままミニボール運動

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。