安定して動かせる体をつくるスタビリティートレーニング

トレーニング・エクササイズ

スタビリティー

腹筋や背筋など通常のトレーニングは体を動かす大きな筋肉を中心に鍛えるのに対して、スタビリティトレーニングは姿勢を維持するための深層筋と呼ばれる筋肉を中心に鍛えます。これらの 深層筋 は体の軸をブレさせず、身体を支える力を高めるほか、前後左右のバランスやこのバランスを崩した時の戻す反射能力を養うのでケガの予防にも欠かせません。これらのトレーニングを取り入れて、軸がブレない身体をつくりましょう。

YouTube動画はこちら

スプリット・スクワット

スプリットスクワット

背中をまっすぐに立ち、右足を後ろに引いて足を前後に開きます。両手は下に下げ、手のひらを正面に向けます。

膝を曲げる

上体を前に傾け、前足に体重をかけて両膝を軽く曲げたら戻します。

腰を上げ、次に上体を右にねじって同様に動かします。

10回繰り返したら足を入れ替えて正面、左ねじりを同様に10回繰り返しましょう。2セット行いましょう。

トライアングル・プランク

トライアングル

両手、両足を床につけ、腕と脚をまっすぐに伸ばして三角形を作ります。頭は腕の間に位置するようにキープしましょう。

肩を前後

このまま肩を前後に10回揺らします。

肩を左右

次に肩を左右に10往復揺らしましょう。2セット行いましょう。

フロント・プランク

フロントプランク

両手を肩の真下について肘を伸ばし、両足のつま先をゆかにつけて頭からかかとまで一直線をキープします。

お尻下げる

このままお尻を持ち上げて下げます。10回繰り返しましょう。

左右交互

次に体を左右交互に傾けます。10往復繰り返しましょう。

これらの動きを2セット行います。

シッティング・ベントオーバー

シッティングベントオーバー

イスに浅く座り、背中を伸ばして両腕を胸で交差させます。

前に倒す

上体を前に倒し、戻します。

斜め前

次に斜め前に上体を倒し、戻したら反対側に斜めに倒します。

左右ねじる

次に上体を前傾させ左右にねじったら戻します。

これらの一連の動きを10回繰り返します。常に背中を伸ばしたまま動かしましょう。2セット行います。

最後に

インナーマッスルのなかでもとくに体幹は、強化することによって身体全体が安定するようになります。そのため、スタビリティトレーニングでは、体幹を含むインナーマッスルを鍛えることが大切です。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 昼間なのにやたら眠気を感じる人におすすめ!自律神経を整えるためのス…

  2. 1日たった3分でできるツライ肩こり解消ストレッチ

  3. イスを使うといつもより気持ちよく伸ばせるストレッチ

  4. 自分で押してみよう!頭痛や肩こりに効く頭のツボ紹介