ペアストレッチをやってみよう!上半身編

二人でストレッチ・トレーニング

ペアストレッチ

ペアストレッチとは、二人一組で行うストレッチになります。ペアでストレッチを行うメリットとして全身を脱力した状態で伸ばしたい所にしっかりストレッチをかけられるということです。
おたがいに声を掛け合いながらやりましょう!

YouTube動画はこちらから

1.首のストレッチ

首の横

一人はあぐらをかき、正面から45度左右に顔を向けます。もう一人は顔が向いている方の手を後頭部に添え、反対の手で、肩を押さえます。ゆっくりと押していき、気持ちの良いところで合図をしてもらいます。そのまま20秒キープしていきましょう。

首の後屈
首の前屈

そのまま次は前後を同じようにやっていきます。後ろをやる時は、あごに手を置き、もう一つの手は背中を押さえてやりましょう。同じように20秒キープしていきましょう。

2.肩甲骨のストレッチ

肩甲骨

一人はあぐらをかき、腕をあげます。もう一人は、ストレッチする方と逆の後方にしゃがみ、片手を肩甲骨の真ん中に、もう片方でストレッチをかける腕のヒジを持ちます。左右の肩甲骨の間が広がるようなイメージで真横へ引いてストレッチをかけます。

受ける方は脱力し、気持ちが良いところでキープします。20秒キープしていきましょう。反対も同様に行っていきます。

3.胸のストレッチ

背中

一人はうつ伏せで横になり、ヒジを曲げます。もう一人は、片手でヒジの外側を持ち、もう片方の手で肩甲骨を押さえます。ヒジを内側に引っ張ります。

ストレッチの気持ちが良いところで20秒キープしていきます。反対側も同じように行いましょう。

4.背中のストレッチ

背中

一人は仰向けで横になり、両手をクロスさせて手を伸ばします。もう一人は、両手首をもち、両手を外側に広げるようなイメージで軽く持ち上げていきます。気持ちが良いところで、20秒キープしていきましょう。

5.わきの下のストレッチ

わきの下

一人は仰向けで寝てヒザを立て、両手を頭上へ伸ばします。もう一人はヒザをつき、両手を肩甲骨に添えます。ヒジを伸ばした状態で徐々に体重をかけておしていきます。

ストレッチをうけている人は、ヒザを左右に倒して伸ばす位置を変えましょう。20秒ほどおしていきます。

最後に

普段一人でできるストレッチと違い、できないところが伸ばせるのがペアストレッチのいいところです。ゆっくりとリラックスしてやってみましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 昼間なのにやたら眠気を感じる人におすすめ!自律神経を整えるためのス…

  2. 1日たった3分でできるツライ肩こり解消ストレッチ

  3. イスを使うといつもより気持ちよく伸ばせるストレッチ

  4. 自分で押してみよう!頭痛や肩こりに効く頭のツボ紹介