ダイナミックストレッチ〜ブンブン大きく腕を振って〜

腕を振って

ストレッチには、スタティックストレッチ(静的ストレッチ)とダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)があります。
スタティックストレッチとは、動きがない状態で筋肉を伸ばすストレッチ方法です。一般的にストレッチと言われているものです。
そして、ダイナミックストレッチは、身体を動かしながら筋肉を伸ばしていく方法です。ウォーミングアップとして、走る前や筋トレの前に行います。今回は腕の振りを利用したダイナミックストレッチを紹介します。腕を大きく動かすことで硬くなりがちな肩周りを気持ちよくほぐしましょう。

YouTube動画はこちら
ダイナミックストレッチ〜ブンブン大きく腕を振って〜

ブンブン

上下スイング

上下スイング

胸を張って、腕を大きく上下に後方へ振ります。

上下を入れ替える

次に上下の腕を入れ替えるように体の前で交差させて、最初とは反対の位置に腕を動かします。

この一連の動きを20回繰り返しましょう。

前後スイング

前後スイング

胸を張り、腕を大きく後方へ振ります。この時、肩甲骨を寄せるように意識してください。

腕を前に

次に背中を丸めて肩甲骨を広げるように腕を前に振り、交差させましょう。

この一連の動きを20回繰り返しましょう。

左右スイング

左右スイング

腕を横に広げ、勢いよく両腕を頭の上に伸ばして交差させます。

次に両腕を下へ振ります。

交差させる

そして体の前で下げた腕を交差させましょう。

この一連の動きを20回繰り返しましょう。

内旋・外旋ローテーション

内旋・外旋ローテーション

左右の肘を曲げ、両肘を肩の高さに上げます。最後まで肘の高さは変えないで行います。勢いをつけて、片側の腕を上に、反対の腕は下に向けましょう。この時、手のひらは体側に向けます。

上下を入れ替える

次に両腕を肘の高さに保ったまま上下を入れ替えるように、勢いをつけてひねります。

この一連の動きを20回繰り返しましょう。

アウトサイド・ターニング

アウトサイド

胸を張り、両腕を後方に回していきます。

頭上へ

後ろから頭上へと両腕を回しましょう。

振り下ろす

頭上から両腕をそのまま前方に振り下ろします。

この一連の動きを20回繰り返しましょう。

最後に

腕のダイナミックストレッチは肩甲骨の動きをよくするので、ランニングの準備運動だけでなく、肩こりを改善するためにも効果的です。

関連記事

  1. 肩甲骨

    肩甲骨〜柔軟性を保つための上半身ストレッチ〜

  2. 太もも

    日々のストレッチ〜太もも〜

  3. 太もも

    太ももをストレッチ〜脚を自在に動かすために〜

  4. 膝のストレッチ

    膝が痛いランナーへ 4つのストレッチ

  5. ストレッチを始めよう

    基本のストレッチ

  6. 痛いこむら返り

    こむら返りを二度と起こさないための予防法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フォームローラー
  2. ドローイン
  3. ランナーの足
  4. ランナーの膝
  5. 頻尿のお灸
  6. 体脂肪率減少
  7. ブレない下半身
  8. 走り出す前
  9. 太もものストレッチ
  10. 猫背改善

チャンネル登録お願いします