猫背のランナー

ランニングフォーム

 

ランニングフォーム比較

雨が続いたら走れないですね。

そんな日は走ること以外にもいろいろ筋トレしたり、体幹を鍛えたりしてみました。

そして院内でランニングフォームを分析してみました。

あっ!仕事の空き時間に分析したので制服で、しかもクロックスで走りました。なので普段以上にフォームがおかしくなっています(笑)

柴やんは体が反り返ってますね・・・

私はというと・・・

本当はもっっときれいなフォームのはずです( ー`дー´)キリッ

どこがいけないのか分かりますか?

まず目につくのは背中が丸くなっています!

猫背です!

普段の姿勢の悪さ、患者さんを施術の時にどうしても背中を丸くしてしまう。

でも、走るときはきれいに伸ばしているつもりでしたが、こうしてみると一目瞭然ですね。

猫背と関連していますが、骨盤もダメです。

骨盤は後傾しています!

これは猫背の姿勢を保っているため背中から腰、そして骨盤と丸めた背骨のために骨盤は後ろに倒れた状態になっています。

骨盤が後ろに傾いている分だけ股関節の動きが悪くなり、踏み込んだ時に身体が下に沈んでいます。

そうなると脚の力だけで走ることになり、膝やふくらはぎのケガをしやすくなります。

・・・こうして客観的に見てみるとダメダメですね!

でもこのフォームを改善すればもっと早く走れるはず・・・

さっそく姿勢を意識して走ります!

ランニングフォーム、姿勢など気になる方はお気軽にお尋ねください!

ランニングフォーム後ろから

ランニングフォームのチェック、マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

 

関連記事

  1. ふくらはぎ

    下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋)へのストレッチ〜アキレス腱のト…

  2. ランナーの脚

    ランナーの脚をケアするストレッチ

  3. 外くるぶしが痛む腓骨筋炎になった時するべきトレーニング

  4. 腸腰筋

    腸腰筋を強くして走りを変える

  5. 木を押すと

    X脚・O脚とランナー膝(腸脛靭帯炎)のテーピング

  6. 足底アーチ

    足底筋膜炎・扁平足〜足底アーチをキープする〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ダイナミックストレッチ
  2. 腕を振って
  3. 股関節
  4. 腰痛
  5. 肩甲骨
  6. 骨盤
  7. 肩甲骨
  8. 反り腰
  9. 姿勢改善
  10. ランナーの体幹

チャンネル登録お願いします