日々のストレッチ〜肩〜

両手伸ばし

ストレッチで慢性的な肩こりを解消

生活ストレス

日常生活で起こるストレスの多くは上半身の緊張という形で現れます。

肩に力が常に入り続けたり、首や肩周囲の筋緊張や頭痛など、負担がかかり続けることは慢性的な肩こりへとこじらせやすいです。

ちょっとしたスキマ時間を見つけて、コリになる前にストレッチで筋肉の緊張を解消しましょう。

肩のストレッチ

肩と広背筋のストレッチ

片手を伸ばして

正座で腰を浮かせて座り、片手を前に真っすぐ伸ばし、手のひらを床に押す。

反対の腕の上に額を当て上体を床に近づけて20秒間キープする。

正面から

左右同じように行いましょう。

前腕と手首のストレッチ

身体を後ろに

両手両膝で身体を支える四つ這いの姿勢をとる。

手の先を自分の方に向け、手のひらを床につけたまま前腕の前面が伸ばされるように身体を後ろに引く。

20秒間キープする。

上体のストレッチ

両手をクロス

両手をクロスさせて手のひら同士を合わせ、腕を頭の上部やや後方へ伸ばしながら20秒間キープしましょう。

三角筋と上腕のストレッチ

三角筋

腕を胸の前に伸ばし、反対の手で肘を肩の方に向かって、ゆっくり引き寄せて20秒間キープしましょう。

反対の腕も同様に行います。

脇のストレッチ

頭の上で肘をつかむ

両腕を頭上にもっていき、片側の肘を反対の手でつかみ、頭の後方で逆の方に向けて静かに引き寄せる。

このまま20秒間キープしてから反対の肘も同様に伸ばします。

脇腹のストレッチ

脇腹

たった姿勢で頭の後ろで肘をゆっくり引きながら、身体をウエストから横に曲げて20秒間キープしましょう。

左右行ってください。

腕と手のストレッチ

手のひらを前に

体の前で手の指を組んで、手のひら側を前に返して20秒間伸ばします。

肩すくめストレッチ

肩すくめ

両肩をリラックスして下げた状態から片側の肩をすくめて5秒間維持した後下げる。

これを左右交互に5回繰り返しましょう。

両肩すくめストレッチ

両肩すくめ

自然体で両肩を5秒間すくめた後脱力して肩を落とします。

これを5回繰り返しましょう。

首の横ストレッチ

首の横

片側の肩を下げながら、その肩に耳を近づけるように頭を横に倒す。

20秒間伸ばして左右行いましょう。

腕と胸のストレッチ

手のひらを天に

頭の上で両手を組み、手のひらを上に向けて、腕が頭の後方へ向かうように伸ばして20秒間維持しましょう。

胸のストレッチ

両手を腰に胸を張る

両手を腰に当て、指先を床に向ける。

胸を張る

腰を押しながら胸の前面を伸ばし20秒間キープしましょう。

首から肩へのストレッチ

首から肩を伸ばす

身体の後ろに両手をまわして片手で右手を斜め下に引きながら首を左肩へ倒す。

後ろで手を引く

このまま20秒間キープして反対側も同様に行いましょう。

腕から胸へのストレッチ

後ろで両手を組み

身体の後ろで両手の指を組み、手のひらを床に向ける。

まっすぐに伸ばしながら両肘を内側にしぼりこみ、20秒間キープしましょう。

 

[char no=”4″ char=”りかこちゃん”]

デスクワークの合間、家事のスキマ時間、ちょっと疲れた時や気になった時にこれらのストレッチを試してくださいね!

[/char]

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

YouTubeでも動画を投稿しています。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日 休診

関連記事

  1. クールダウンしてますか?

  2. 肩が上がらない

    痛みが強い時の五十肩体操

  3. 腰がこる

    腰の違和感は痛みになる前に撃退

  4. 親指の付け根が痛い母指CM関節症は軸と方向で改善

  5. 体を丸く

    正しい腹筋

  6. 寝るときの姿勢

    眠るときの姿勢と寝返り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。