身体を動かすことが減ってきた方への簡単トレーニング

運動不足

忙しくて運動ができない、身体がなまってきた、膝や関節が痛くて運動が不安だ、このような方は多いですね。
運動不足の方がいきなり全力で走ったり、きつい筋トレを始めると痛みが出たり、長続きできません。
今回は日頃の運動不足を感じた方へ、関節に負担をかけずにできる簡単トレーニングです。このトレーニングと少しばかりのウォーキングから始めてみましょう。

YouTube動画はこちらから
身体を動かすことが減ってきた方への簡単トレーニング

お尻のストレッチ

お尻のストレッチ

膝を立てて仰向けになります。片側の膝を反対側の手で肩の方向に引き上げましょう。

20秒間キープしましょう。反対の足も同様に行います。

骨盤の左右運動

骨盤を右
骨盤を左

四つ這いになり、左右の膝をくっつけて揃えます。両手を肩の真下に置き、お尻を左右にゆっくりと倒します。お尻から頭までまっすぐにして行って下さい。

20回繰り返しましょう。

内転筋のストレッチ

内転筋
身体を前にひねる

台の上に脚を伸ばして置き、身体を前にひねってさらに伸ばしましょう。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に行います。

上半身の回旋

上半身の回旋
横にひねる

胸の前で手を組み、脚を前後に開き、前の足に体重を乗せます。そのまま前の膝に肘を近づけるように上半身をねじります。この時頭からお尻、足まで一直線になるよう意識しましょう。

10回繰り返しましょう。反対側も同様に行います。

膝の屈伸

膝の屈伸
膝を曲げる

手すりなどに片手を置き、片脚で立ちます。浮かせた脚の膝を曲げ伸ばしします。この時、足先を床につけないようにして下さい。

20回繰り返しましょう。反対側も同様に行います。

股関節のストレッチ

股関節ストレッチ
股関節反対側

片脚を前に大きく踏み込み、両手を床につけます。後ろの脚をさらに後方へ伸ばしましょう。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に行います。

片手片脚一直線

右手左足
左手右足

四つ這いになり、片手を前に伸ばし、反対側の脚も一直線になるよう伸ばします。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に行います。これを2セット行いましょう。

片脚ボール押さえ

左足ボール
右足ボール

バランスボールミニの上にかかとを乗せて、反対の膝と股関節を90度に曲げます。伸ばした足でバランスボールミニを押しつぶすように力を入れます。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に行います。これを2セット行いましょう。

最後に

これらの運動はストレッチと体幹に効くエクササイズです。週に2〜3回以上続けて下さいね。

関連記事

  1. お灸のススメ

    むくみを解消!女性の脚の悩みには「お灸」

  2. 胸のストレッチ

    胸まわりをストレッチ 正しい姿勢を身につける

  3. 背骨のストレッチ

    背骨ストレッチ〜緩やかなS字カーブを維持〜

  4. こむら返り、肉ばなれ

    ランナーのこむら返り・肉離れを防ぐ〜脚後面を柔らかくするトレ…

  5. 動的ストレッチ

    筋トレ前の動的ストレッチ

  6. ランナーの体幹

    体幹トレーニング〜安定して速く走るために〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フォームローラー
  2. ドローイン
  3. ランナーの足
  4. ランナーの膝
  5. 頻尿のお灸
  6. 体脂肪率減少
  7. ブレない下半身
  8. 走り出す前
  9. 太もものストレッチ
  10. 猫背改善

チャンネル登録お願いします