1. LINE予約&無料相談

    LINEで簡単予約・無料相談

  2. 料金

    施術料金の目安

  3. 施術について

    痛みのない生活へ

  4. 地図・受付時間

    橋本接骨院の地図情報

背骨ストレッチ〜緩やかなS字カーブを維持〜

ストレッチ 姿勢

背骨のストレッチ

背骨は横から見ると頚椎が前弯、胸椎が後弯、そして腰椎は前弯するS字のカーブを描くのが自然な状態です。

背骨のS字のカーブは衝撃を吸収したり、胴体を安定させつつ、背骨をしなやかに動かす働きがあります。このS字カーブを維持させるためにストレッチで背すじを伸ばしましょう。

YouTube動画はこちら
背骨ストレッチ〜緩やかなS字カーブを維持〜

背骨

首のストレッチ

首

背中を伸ばして床に座り、両手を頭の後ろに組みましょう。

首を下げる

組んだ腕の肘を閉じながら、腕の重みで首を下に下げましょう。この時背中が丸くならないように注意してください。

20秒間キープしましょう。

脇のストレッチ

脇

あぐらをかいた状態で片脚を少し前に伸ばします。伸ばした足側の手を横について、反対の腕を上に伸ばして体を横に倒します。伸ばした腕の肘は伸ばしておきましょう。

反対の脇

20秒間キープします。反対側も同様に動かしましょう。

うつ伏せねじりストレッチ

うつ伏せ

床にうつ伏せになり、片手をまっすぐ頭の上に伸ばし、手のひらを立てます。反対の手は下に伸ばして、手のひらは上に向けておきます。

脚を交差

上に伸ばした側の脚を交差させて反対の脚の外側にねじります。反対の脚は膝を軽く曲げましょう。

20秒間キープします。反対側も同様に動かしましょう。

あお向けねじりストレッチ

あお向けねじり

あお向けに寝転がり、片脚の股関節と膝を直角に曲げます。

膝の外側

反対の手で膝の外側を押さえて床に近づけましょう。反対の腕は横に伸ばし、首も伸ばした腕の方へ横向けましょう。

20秒間キープします。反対側も同様に動かしましょう。

最後に

猫背、反り腰、ストレートネックなど背骨の崩れはこれら不良姿勢の原因になります。予防のためにも背骨をストレッチする習慣をつけましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. つまづきやすい、脚が上がりにくいを改善する腸腰筋エクササイズ

  2. ハムストリングスの硬さを改善して肉離れを予防する

  3. 正しい姿勢を作る簡単エクササイズ

  4. 【筋トレ女子】腹直筋をしっかり収縮させるダブルクランチ