速く走るための筋肉~腸腰筋のエクササイズ~

体操・エクササイズ

腸腰筋

腸腰筋は深部腹筋群ともいわれ、いわゆるインナーマッスルの部類に入る筋肉です。 見えない位置にある深い部分の筋肉ですが、脚を前に出す、歩くために必要な筋肉で、運動能力のほか、姿勢やプロポーションに関わってきます。また、速く走るための筋肉としても注目を集めています。
今回はこの腸腰筋を鍛えるトレーニングを2つ紹介します。

YouTube動画はこちらから

腸腰筋トレーニング

バイシクルクランチ

バイシクルクランチ

あお向けになり両手は後頭部に当てます。膝を直角に曲げ、両脚を軽く持ち上げます。腹筋を意識しながら頭と肩を浮かせながら肘と反対側の膝を近づけます。この時、反動をつかわずに左右交互に10回繰り返しましょう。2セット行ってください。

レッグレイズ

レッグレイズ

床に両手をついて両膝を軽く曲げて、足を10センチ浮かせます。息を止めずに、そのまま両脚を45度の角度になるように上げたら2秒間キープします。その後、ゆっくりと足を少し浮かせた状態に戻します。

床に足をつけずに10回繰り返しましょう。これを2セット行いましょう。

最後に

日常の生活でも少し腸腰筋を鍛えていきましょう。階段を上る、大股で歩く、こういったことは腸腰筋に良い刺激を与えます。意識して頑張ってみましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 散歩とウォーキング

  2. 高齢者特有の歩き方と改善のための体操

  3. 無理をしない、ゆるめの筋トレ

  4. チャレンジ!3つのプランク