痛いこむら返りを解消する6つのストレッチ

ストレッチ ふくらはぎ・足

こむら返り

突然のこむらがえり、あまりの痛みで動けなくなりますよね。急に起きた時、まずは慌てず、応急処置として患部を伸ばします。足の指を持ち、体の方へと引き寄せ、アキレス腱を伸ばしましょう。
寝ている時などは立ち上がってみるのも効果的です。
大切なのは日頃からふくらはぎをやわらかくしておくこと。頻繁にこむら返りになる方は今回のストレッチを寝る前の習慣にしてくださいね!

YouTube動画はこちらから

1.脚を持ち上げてふくらはぎ伸ばし

足を持ち上げて

床に座り、両手で左足を持ちます。次に膝をまげたまま足を高く持ち上げましょう。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

2.お尻を高くふくらはぎ伸ばし

お尻を高く

四つ這いになり、お尻を天井に近づけるように両手、両脚を伸ばします。足を交差させましょう。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

3.足裏伸ばし

足裏のばし

床に座り、左膝を立てて、右膝は折りたたみます。両手で左のつま先をつかみ、かかとを支点につま先を引きます。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

4.立位でふくらはぎ伸ばし

立位でふくらはぎ

両脚を前後に開き、前に出した膝に両手を置きます。両手で膝を押すように重心をかけて、後方の脚を伸ばします。この時、かかとは浮かないように、両足先は同じ向きになるように、視線は前を向けるように注意しましょう。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

5.足首からすね伸ばし

足首からすね

右膝を立てて、左膝は正座の状態にします。両手で左膝を抱えて持ち上げましょう。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

6.前に脚を出してふくらはぎ伸ばし

前に足を出して

片膝を床について、反対の脚を前方に伸ばします。両手で伸ばした脚のつま先をつかみましょう。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

最後に

足の裏は「第二の心臓」、ふくらはぎは「第三の心臓」とよく言われます。これは心臓から送られた血液を戻すのにこれらの筋肉の助けが必要だからです。むくみやこむら返りを防ぐにはふくらはぎや足裏のケアは欠かせません。しっかりとストレッチで伸ばしておきましょう。

こむら返りを繰り返す方、足の疲れが取れない方、脚に痛みのある方はぜひ、姫路市の橋本接骨院にお越しください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 足首のブレを抑えて安定させる筋力トレーニング

  2. 腰、股関節そして膝関節のブレを抑えて安定させるための筋肉トレーニン…

  3. 腰まわりの筋肉をほぐすストレッチ

  4. じんわり気持ちいい!背骨のねじりストレッチ