しなやかボディーをつくるストレッチ

ストレッチ 美トレーニング

しなやか

身体が硬いと血行が悪くなり、基礎代謝も低下してダイエットしても思うような結果を出せません。また、体が硬いために身体を動かすことが苦痛になりますます動かさなくなり、悪循環になってしまいます。
今回は常に体をやわらかくしておくためのストレッチを始めてみましょう。

YouTube動画はこちらから

側腹部のストレッチ

側腹部

背中を伸ばしてまっすぐに立ち、片手を頭の後ろに回し肘を曲げます。反対の手で肘をつかみ、上体を横に倒していきます。この時骨盤が動かないように注意して上体だけを倒すようにしましょう。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に。

背中のストレッチ

背中

四つ這いになり、両手は肩の真下より少しだけ前に置きます。肘をまっすぐにして、お尻を後方に引いて、立てたかかとの上にお尻を乗せます。

沈める

腕を伸ばしたまま体を沈めましょう。

20秒間キープしましょう。

太もも裏のストレッチ

太もも裏

脚を肩幅に開いて背中をまっすぐに立ちます。両手を頭の上に伸ばして手を組み、お尻を後方に引いて上体を前に倒しましょう。背中が丸くならないように注意してください。

20秒間キープしましょう。

太もも前面のストレッチ

太もも前面

横向けに寝転がり、下の脚の膝を両手で抱え、胸に引き寄せます。上の脚を曲げ、上側の手で足首をしっかりとつかみましょう。

足を後ろに

そのままつかんだ足をお尻に引き寄せて、脚を後方に引いてキープしましょう。足をつかんだ手がゆるまないようにしっかりと足首を握ってください。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に。

胸から背中のストレッチ

胸から背中

あお向けになり、両手は真横に広げます。膝と股関節を直角に曲げましょう。

よこに倒す

両脚をそろえて横に倒します。この時、股関節、膝関節は直角のままキープしてください。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に。

お尻のストレッチ

お尻

あぐらで座り、両手を胸の前で交差させます。体をまっすぐにして手を鎖骨に置きましょう。この姿勢のまま片脚をクロスさせます。この時、膝は90度に曲げておきます。

両手で膝

次に両手で膝を胸に引き寄せてキープしましょう。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に。

首のストレッチ

首

床に膝を立て、体をまっすぐにします。首を横に向け、あごを鎖骨に近づけ、目線は斜め下に向けます。体はまっすぐのまま、肩が上がらないように注意しましょう。


引っ張る

反対の手で耳の上を押さえ、頭全体を横に引っ張ります。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に。

股関節前面のストレッチ

股関節前面

片膝を立て、反対の膝は床につけます。背中をまっすぐにして、両手は立てた膝の上に置きましょう。

体を倒さずに、上体を前方にスライドさせてキープしましょう。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に。

最後に

ストレッチで身体を動かして柔軟性を高めれば、心と身体をリラックスさせ緊張を解きほぐすだけでなく、老化予防にも効果があるといわれています。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 昼間なのにやたら眠気を感じる人におすすめ!自律神経を整えるためのス…

  2. 1日たった3分でできるツライ肩こり解消ストレッチ

  3. イスを使うといつもより気持ちよく伸ばせるストレッチ

  4. 自分で押してみよう!頭痛や肩こりに効く頭のツボ紹介