動的ストレッチで体のゆがみをケアする

姿勢・骨盤・肩甲骨を整える

動的ストレッチ

動かすストレッチで体の歪みを改善

肩こり、腰痛、頭痛、日々悩みの尽きない体の不調。実はそれ「体のゆがみ」が原因かもしれません。姿勢の崩れや、日常のちょっとした癖、これらが原因で体のバランスを保つ体幹や骨盤が硬くなり、必要な動きができていない可能性もあります。
骨盤や肩甲骨、そして体幹のバランスを意識して動かす動的ストレッチを取り入れることが必要です。ぜひ今日からやってみましょう!

YouTube動画はこちらから

ヒップウォーク

ヒップウォーク

脚を前に伸ばして、背中を真っ直ぐにして床に座ります。お尻で前方に歩きます。お尻を浮かせて脚を前に出すと同時に同じ側の腕は必ず後方に引きましょう。体のねじりを意識しながら20歩進みましょう。

肩甲骨回し

肩甲骨回し

片腕を上げ、肘を曲げて指先を背骨に当てます。反対の手は下げておきます。指先を背骨につけたまま肘を横に開いて上から内側へと回転させます。

10回回転させたら反対の腕も同様に回しましょう。

肩落とし

肩落とし

椅子に座り脚を大きく開き、膝を曲げて上体を前に倒します。手を膝の上に置き、腕を伸ばしたまま肩を下に落とすように体をねじります。左右とも肘を曲げずに、背中を伸ばして行います。

左右交互に10回動かしましょう。

前屈ひねり

前屈捻り

足を腰幅に開き、体の後ろで指を組み、手のひらを下に向けます。上体を前に倒し、腕を上方に伸ばします。

このまま体の軸をキープしたまま上体を左右に回します。

左右交互に10回繰り返します。

側屈開き

側屈捻り

両手を横にまっすぐ伸ばして、足を大きく開き、体を横に倒して手で足首を掴みます。反対の腕を天井に向けて伸ばし、体の軸をキープしたまま上体を回して腕が後方になるように伸ばします。

10回繰り返したら反対の腕も同様に。

姿勢を整える

姿勢を整える

足を腰幅に開いて立ち、手の指を後方で組み、手のひらを上に向けます。次に両手をお尻の下に、床に近づけるように伸ばします。頭は天井に向けて伸び上がります。あごは少し引いて行います。

ゆっくりと組んだ腕を後方に引き上げ、ゆっくり戻します。

5回繰り返しましょう。

最後に

日々の不調を解消するには、姿勢を美しく保つことが大切です。今回は固まりがちな筋肉をほぐし、衰えがちな筋力をアップするのに効果的な動的ストレッチなので毎日続けてみましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 腹横筋と多裂筋を鍛えて慢性の腰痛を解消

  2. たくましい脚にするふくらはぎのトレーニング

  3. 猫背によって衰えてしまった筋力と正しい姿勢を取り戻すエクササイズ

  4. 1日5分で効率よくメリハリボディーをつくるトレーニング