自宅で毎日続けられる軽めの筋トレ

トレーニング

軽めの筋トレ

運動不足に気づいて慌てて全力で走ってみた、筋トレを限界まで頑張った。
そんな経験は多くの方がされていると思います。
でも、どうでしたか?
毎日続かないでしょ!
運動も食事制限もフルスロットルで頑張りすぎると、ストレスがたまっちゃいますよね。限界まで頑張っていきなりやめてしまうと、リバウンドしてしまいます。毎日全力でなく、ゆるくトレーニングする日もあっていいんじゃないかな。
今回は休息日にして欲しいゆるめのトレーニングです。

YouTube動画はこちらから

膝つき腕立て伏せ

四つ這いの姿勢になり、手と足は肩幅に開きます。足のつま先は立てておきましょう。

ゆっくりと肘を曲げ、あごを床に近づけましょう。

10回を2セット行いましょう。

運動に慣れていない方は両手と両膝の位置を近づけると楽にできますよ!

背中のローイング

床に膝をつき、つま先を立てて、両手の先を床につけます。この時、背中をまっすぐにしたまま上体を少し前に傾けましょう。

上体を動かさず、両肘をゆっくり後ろに引きます。わきが開かないように注意して胸を張って、肘が後ろに限界まで引いたらゆっくりと戻しましょう。

10回を2セット行いましょう。

バイシクル

床にあお向けになり両手を頭の後ろで組み、上半身を持ち上げて肘と反対の膝を近づけます。反対の脚は軽く曲げて浮かしておきます。

素早く逆の肘と膝を近づけ、交互に繰り返していきます。素早く動かし続けましょう。肩や足が床につかないように注意してください。

交互を1回として10回、2セット行いましょう。

膝つきワイドスクワット

床に膝をついて肩幅より大きくひらきます。つま先は立てずに外に向けます。両手を胸の前で組み、股関節を軽く曲げて上体を傾け、目線を斜め下でキープします。

お尻を後方に突き出すように腰を落とし、落としきったら体を起こしましょう。起こした時に股関節を軽く曲げた状態をキープしましょう。

10回、2セット繰り返しましょう。

最後に

今回の筋トレは負荷が少なく、フォームを崩しにくい筋トレなので運動を普段していない方が始めるのにちょうどいいトレーニングになります。筋力のない方はこれらの運動から始めましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 筋肉をゆるめて血流を良くする肩こり体操

  2. 体幹のインナーマッスルを鍛えて正しい姿勢を維持する

  3. 骨盤体操~高齢者の体幹を鍛える~

  4. 座ったままできる毎日続けたい全身運動