ビジネスマン必見!電車でする筋トレ

トレーニング・エクササイズ

電車筋トレ

筋トレを始めようとしても、器具を用意したり、ジムに通いに行ったりする人もいると思いますが、なかなか継続することが難しいですよね。
でも、電車に乗っている時間に筋トレと考えると、毎日同じ時間に筋トレをすることになるので、何も用意せず始めることができます。乗車する時間も大体同じ時間なので、メニューや回数など目標が立てやすくなるので続けやすくなると思います。

YouTube動画はこちらから

1.上腕二頭筋

二頭筋

立っている時、手のひらを上に向けます。

肘を90度に曲げ、体の前でカバンを持ちます。

カバンの上げ下げはせず、その位置でキープしておいてください。

反対の手は、揺れたりする可能性があるので、つり革や手すりにつかまっておいてください。

30秒キープします。反対も同様に行いましょう。

2.三頭筋

三頭筋

立っている状態で、体の横にカバンを持ち、体に当たらないように持ちます。

腕を伸ばしたまま少し上げた状態でキープします。

30秒キープします。反対側も同様に行います。

3.お腹のトレーニング

お腹

息を吐きだせれるところまで吐き出します。

次に、息を吸いながらお腹を凹ませます。

呼吸を行いながら、20秒キープします。

4.腓腹筋

腓腹筋

背筋を伸ばして立ち、手すりやつり革につかまっておきます。

つま先を少し開いて、かかとをゆっくり上げます。

上げたら、ゆっくり下ろします。

20回繰り返しましょう。

5.腸腰筋

腸腰筋

イスに浅く座ります。

荷物は足の上で抱えておきましょう。

片方の足を引き上げ、上げた足を下ろします。

足を上げたらその位置で20秒キープします。反対側も同様に行います。

まとめ

時間や回数は目安として設定しているので、電車に乗る時間に合わせて回数や時間を設定してください。通勤時間の電車の時間を使ってする筋トレは、忙しくて、なかなか時間が取れない人にとっておススメです。
電車は揺れるので脚を鍛えたり、体幹を鍛えたりとダイエットや運動不足解消を目指して、通勤の時間を有効に活用してみて下さい。
ただし、電車では多くの人が利用されているので、周りの人に迷惑にならないように、また、混雑状況などにも注意してマナーを守って行ってください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 寝ながらでもできる太ももを引き締めるトレーニング

  2. 左右の太ももの間にすき間をつくる内転筋トレーニング

  3. ランニング中に腰が痛くなってきた時の対処法

  4. ランニング後のクールダウンストレッチでじっくり伸ばして疲労回復