ダイエットランニングの注意点

ジャンプ

ランニングでダイエット

ダイエットのためにジョギングをしている。体重を減らすために走っている。

健康的に痩せるために走る方も多いですよね。

しかし、走り始めたばかりの方、体重の重い方は注意してくださいね!

ケガの原因になりますよ!

体重が重いと地面に足をつける時、着地衝撃がとても大きくなります。

速めのウォーキング、ゆっくりのジョギングで体重の約2倍、

ランニングでは体重の約3~4倍の着地衝撃を受けることになります。

この衝撃は足の裏、膝、股関節、腰に大きな負担をかけます。

衝撃が大きくなると足底筋膜炎、膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)、股関節周囲炎、ぎっくり腰などのリスクが高まります。

ダイエット目的でランニングを始めるには次の点に注意してくださいね!

初心者がダイエット目的で走る場合の注意点

①スピードを出さずに走る

着地の衝撃を和らげるためにも慣れないうちはゆっくり走りましょう。

②30分以上を目標に続けて走る

まずは30分走り続けることを目標に有酸素運動、ゆっくりペースのランニングを行いましょう。

走り始めるとまず、体のタンパク質などが消費されてから脂肪は燃焼していきます!

③クッション性のある専用シューズを選ぶ

ソールの薄いシューズをはき続けると、故障を招く危険があるので注意しましょう。

④筋力トレーニングも行う

ランナーにとって筋力不足が故障の原因になります。

30分以上走り続ける体を作るためには筋肉トレーニングは必須です。

⑤毎日走らない

疲労を蓄積させない。

練習によって受けた微細な筋肉の傷は休息日を作ることによってさらに強い筋肉へ変化していきます(超回復)

休ませることもトレーニングですよ!

雪の中ラン

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日休診

関連記事

  1. 走る人

    腰痛は心理的なもの?

  2. ランニングを始めたのに体重が減らない!?

  3. ファンクショナルストレッチ

    ファンクショナルストレッチでさらに動ける股関節

  4. 暑い夏こそお灸

  5. 眠い

    朝ランすると日中眠たい、夜ランすると眠れない

  6. 高齢者ストレッチ

    日々のストレッチ〜中高年のストレッチ〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 肩の内旋
  2. テニス肘
  3. お灸日和
  4. お尻
  5. 膝のケガ
  6. ヒップウォーク
  7. 動的ストレッチ
  8. おかやまマラソンゴール
  9. 肘の痛み
  10. 坂道走

チャンネル登録お願いします