ランニング時に足首を安定させるテーピング

斜めジャンプ

足首捻挫

何度も繰り返す足首捻挫へのテーピング

足首で捻挫を起こした時、損傷した捻挫はテーピングや包帯固定などで修復されるまで固定をします。

しかし、固定中にも関わらず、使い過ぎたり、固定を外してしまったりして靭帯の損傷が完全に回復していない。

また、靭帯の損傷は回復したけれど、リハビリや回復のためのトレーニングをしていないと関節周囲の筋肉の力が低下してしまいます。

これらの原因で何度も足首の同じところを捻挫を繰り返す。

これが「捻挫が癖になる」ということです。

足首関節周囲の筋肉のトレーニングをしっかりしながら、テーピングで足首を補強して使いながら回復させていきましょう!

今回は腓骨筋と後脛骨筋を補強して足首を安定させるテーピングを紹介します。

そのほかのテーピングはこちらから

足首捻挫のテーピング

足関節捻挫に多い外くるぶしが痛い時のテーピング

腓骨筋と後脛骨筋

今回のテーピングで補強するのは腓骨筋と後脛骨筋です。

長腓骨筋・短腓骨筋

腓骨筋は長腓骨筋と短腓骨筋からなります。

足の外側の中足骨から外くるぶしの後ろを通過し、下腿の外側を支えています。

後脛骨筋

後脛骨筋は内くるぶしの前方から始まり、内くるぶしの少し上のところで、ふくらはぎの筋肉の一番底に潜り込みます。

足首の内側を支えながら、土踏まずを持ち上げる大切な筋肉ですよ。

テーピングを貼りましょう

テーピング

伸縮性の5㎝幅のテーピングを使用します。橋本接骨院ではGONTEXマルチカラーテーピングを使用しています。

角を丸めておくと長持ちしますよ!

このテーピングは2〜3日貼りっぱなしにします。

お風呂等で濡れても大丈夫です。濡れた後はタオルで押し当てて乾かして下さい。

皮膚に合わない場合や痛みが強くなる場合は剝がして、ご相談ください。

①腓骨筋テープ

足首を上に曲げる

写真のように足首を上に曲げた状態でテープを貼ります。

外くるぶしの前下方から

外くるぶしの前下方から貼り始めます。

引っ張らないで、外くるぶしの下から後方へカーブさせながら貼ります。

手で押さえながら

親指でテープを押さえながらシワにならないように貼りましょう。

下腿外側

下腿の外側に貼ります。

ちょうど腓骨筋を覆うように貼って下さい。

②後脛骨筋テープ

後脛骨筋テープ

足の内くるぶしの前下方、から内くるぶしの後ろをカーブしながら貼る。

この時、テープを引っ張らずに皮膚に乗せるように貼ります。

骨の際

内くるぶしから足の内側、骨の際に沿って膝の内側に向けて貼る。

テープの縦半分ぐらいが骨の際に来るように位置を調整します。

足の内側

膝の内側まで貼ります。

[char no=”1″ char=”橋本”]

足の違和感だけであったり、痛みがあまりない場合、マラソンなどでの足の安定を高める。このような場合は①腓骨筋テープと②後脛骨筋テープだけで様子を見て下さい。

不安感が強かったり、痛みがある場合は以下のテープを加えて下さい。[/char]

③安定を高めるテープ1

オレンジテープ

足の親指と人差し指の間から外側へ螺旋にテープを貼ります。

ほんの少し引っ張る程度の強さで貼って下さいね。

螺旋に上がる

足裏から足関節の中央、そしてふくらはぎへと貼ります。

④安定性を高めるテープ2

ピンクテープ

足の薬指と小指の間から内側から先のオレンジ色のテープとは逆方向に螺旋に貼ります。

中央で交差

少し引っ張りながら足首の中央で交差させます。

ふくらはぎで完成

完成です。

最後に

捻挫を繰り返しやすい方、足首が不安な方はぜひテーピングを貼って使ってみて下さい。

それでも痛みや不安がある場合はご相談ください。

今回のテーピングは多少引っ張りながら貼りますが、最初は緩めで貼りましょう。

きつく引っ張りすぎると浮腫んだり、痛みが強くなります。

捻挫は接骨院・整骨院の得意分野です。

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日

関連記事

  1. ジャンプトレーニング

  2. 素早くウォーミングアップ〜動的ストレッチ〜

  3. 中高年ランナーに多いシンスプリント

  4. 花壇でジャンプ

    インターバルトレーニング

  5. ランステ

  6. ケガした

    ランナーとケガ