太ももをストレッチ〜脚を自在に動かすために〜

太もも

太ももには大きな筋肉で構成されています。ハムストリングス、大腿四頭筋、これらの筋肉は膝や股関節を動かし、強大な力を発揮します。脚を自在に使いこなすにはこれらの筋肉の柔軟性は欠かせません。

太もも後面

太もも後面

床に座り、左脚を伸ばし、右膝を曲げて足裏を太ももにつけましょう。左手で左足をつかみ、右手は膝に置きます。身体を前に倒しましょう。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

太もも前面

太もも前面

床に座り、後方に手をつきます。左足は曲げてお尻の横に置きます。右膝を立て、上半身を左にひねり、首も左に向け、左肘を床につけます。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

太ももからお腹

太ももからお腹

片膝立ちになり、左手で左足をつかみ、太ももの前からお腹を伸ばしましょう。反対の右手は膝の上に置きます。胸を張り、視線は前に向けて下さい。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

太もも側面

太もも側面

立位になり、左脚を右脚の後ろに交差させて伸ばし、右手を骨盤に当て、左手のひら外に向けて頭上に上げ、わきを伸ばすように上半身を傾けましょう。

きれいに円を描くように伸ばしましょう。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

脚を持ち上げて太もも

脚を持ち上げて太もも

床に座り、左手を後方に置き、右手で左足のつま先を持ち上げ、上半身を左にねじりましょう。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

立位で太もも前面

立位で太もも前面

立ったままで、左手で左足の先をつかみ、お尻に引き寄せましょう。

反対の右手でバランスをとりましょう。

ぐらつく方は、壁などに手をついて行いましょう。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

関連記事

  1. 股関節の痛み

    変形性股関節症だけでなく膝も痛い時のストレッチ

  2. ストレッチポール

  3. 足のストレッチ

    使いすぎた足へのストレッチ

  4. 肩前部

    ぐんぐん伸びるペアストレッチ〜上半身〜

  5. 腕を振って

    ダイナミックストレッチ〜ブンブン大きく腕を振って〜

  6. 胸のストレッチ

    筋トレ後のストレッチ〜上半身〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。