肩甲骨のストレッチ〜可動性と安定性を維持〜

ストレッチ 首・肩・肩甲骨

肩甲骨

肩甲骨は筋肉の上を浮いたように存在し、骨同士の連結は鎖骨から胸骨、そして肋骨へ順につながり、ようやく背骨につながっています。
そのため肩甲骨の安定性は筋肉だけに頼ることになります。それだけに多くの筋肉は肩甲骨に集まり、これらの筋肉が硬くなると可動性、安定性は悪くなりやすいです。

YouTube動画はこちら
肩甲骨のストレッチ〜可動性と安定性を維持〜

肩甲骨ストレッチ

大胸筋のストレッチ

大胸筋

脚を腰幅に開き、両腕を後ろに組んで立ちます。

腕を引き上げる

背中をまっすぐにしたまま、肘を伸ばして両腕を引き上げましょう。

20秒間キープしましょう。

上部僧帽筋のストレッチ

上部僧帽筋

脚を腰幅に開いて立ち、片手を反対側の側頭部に当てます。反対の手は下に垂らし、肩が上に上がらないように力を抜きます。側頭部に当てた手で首を真横に倒していきます。

僧帽筋反対側

20秒間キープしましょう。反対側も同様に行います。

菱形筋のストレッチ

菱形筋

脚を少し広めに肩幅に開き立ちます。

背中を丸く

両手を組んで前方にまっすぐに伸ばし、膝を軽く曲げて、背中を丸めましょう。

20秒間キープしましょう。

上腕三頭筋のストレッチ

上腕三頭筋

脚を腰幅に開いて立ち、片腕を上に伸ばして肘を曲げます。

体を横に

腕を頭の後ろに垂らして、反対の手で肘を掴んで押し下げると同時に体を横に倒します。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に行います。

最後に

多くの人は肩甲骨をうまく使えずに、肩甲骨の周囲の筋肉を硬くしてしまったり、筋肉を弱くしてしまいがち。
そうなると肩こりだけでなく、腱鞘炎や肘の使い痛みなどを引き起こしたり、腕をうまく振れないために骨盤の動きを悪くして走る、歩く姿勢の崩れにつながります。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 初心者でも効果的に鍛えられるバランスボールトレーニング

  2. 筋肉をゆるめて血流を良くする肩こり体操

  3. 体幹のインナーマッスルを鍛えて正しい姿勢を維持する

  4. 骨盤体操~高齢者の体幹を鍛える~