【今日のストレッチ】腓腹筋

ストレッチ

腓腹筋

ふくらはぎの筋肉といえば腓腹筋(ひふくきん)。ふくらはぎを覆うプリッとした筋肉で、スポーツされる方はここが硬くなりやすい筋肉です。

YouTube動画はこちらから

壁で腓腹筋のストレッチ

壁のストレッチ

壁の前に立ち脚を前後に開きます。両肘を壁につけ、腕をクロスさせて腕に頭を重ねます。後ろのかかとを床につけ、膝を伸ばしましょう。前脚の膝を曲げておきましょう。

腰を壁に近づけるように前脚へと体重を乗せましょう。

30秒間キープしましょう。反対側も同様です。

注意

  • 足の向きが横にずれないように、正面に向けておいてください。
  • かかとが浮くと効果が弱くなります。
  • 膝が曲がると腓腹筋ではなく、その深部にあるヒラメ筋に効いてしまうので、膝をしっかり伸ばしましょう。

立って腓腹筋のストレッチ

立って腓腹筋

床に立ち、脚を前後に開きます。前脚の太ももに両手を置きましょう。後ろ足のかかとを床につけたまま、前の膝を曲げて体重を前にかけていきましょう。
背中が丸くならないように注意してください。

30秒間キープしましょう。反対側も同様です。

手をついて腓腹筋のストレッチ

手をついて

両手、両足のどちらも肩幅に開いて床につけます。お尻を引き上げて、片脚を浮かせて膝を直角に曲げます。反対の脚の膝をしっかりと伸ばしてかかとを床につけます。両手に体重をかけて伸ばしたふくらはぎをストレッチしていきましょう。足先が横に向かないように、まっすぐになるように注意してください。

30秒間キープしましょう。反対側も同様です。

最後に

腓腹筋はふくらはぎの表面にある筋肉で、その下のヒラメ筋とは異なり膝関節にまたがるため、つま先を伸ばす運動や膝を曲げる運動に関係します。肉離れを起こしたり、疲労しやすい筋肉でもあるため日々のケアは大切です。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 股関節の動きを良くしてしゃがむ動作を楽にするストレッチ

  2. 変形性膝関節症には筋力をつけるトレーニングを

  3. 体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!ストレッチ編

  4. 体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!柔軟性チェック編