イライラ、ストレスを解消するセルフケア

その他

頭のセルフケア

精神的なストレスが続いたり、自律神経のバランスを崩すと、イライラがたまり、頭痛や不眠が続いたり、疲れがたまりっぱなしになってしまいます。セルフケアでスッキリさせましょう。

YouTube動画はこちらから

深い呼吸で息を吐く

指を曲げて

イスに浅く座り両手で肋骨の一番下に親指以外の指を当てます。4本の指を曲げ肋骨の下にめり込ませるように指を入れて圧をかけます。

息を吐き切る

鼻から大きく息を吸い込んで口から息をゆっくりと吐きだします。息を吐きながら指を深く入れていき、体を前に倒し、最後まで息を吐き切ります。10秒ほど時間をかけて息を吐き切ります。息を吐く時はハーっと声に出しながら吐くとやりやすいです。

3回繰り返しましょう。

こめかみのマッサージ

こめかみ

耳の上には側頭筋(そくとうきん)といって歯をくいしばる時に使う筋肉があります。頭が緊張状態になった時、この筋肉は硬くなって戻りにくい状態になります。手のひらを耳の上に押し付け、指を浮かせてゆっくりと円を描くようにマッサージしましょう。

5回回したらさらに上下に位置をずらしてみましょう。

後頭部への指圧

後頭部の窪み

耳の後ろ、髪の生え際に骨の突起があります。その後ろ側にくぼみがあるので触って確かめましょう。

仰向けで

枕の上にあお向けになり親指以外の4本の指で左右同時に圧をかけます。あお向けになることで、4本の指に頭の重みでくぼみに圧がかかります。指を立てるようにしてじんわりと刺激しましょう。ぐりぐり動かさず、じんわり指で押さえましょう。

頭のポンポン

ポンポン

目の中心からまっすぐに上に向かっていく線と、左右の耳を結んだ線の交わるところを両手の指の腹でポンポンと軽くたたきましょう。弱い力で柔らかくその周辺も刺激してください。30回ぐらい弱くたたきましょう。

最後に

これらのセルフマッサージは、夜寝る前などリラックスしたときに行うと効果的です。眠りも深くなり、朝の目覚めも良くなりますよ!

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 股関節の動きを良くしてしゃがむ動作を楽にするストレッチ

  2. 変形性膝関節症には筋力をつけるトレーニングを

  3. 体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!ストレッチ編

  4. 体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!柔軟性チェック編