肩から背中・わき腹の筋肉痛を解消するストレッチ

指・手・腕・肩の痛み

背中

筋トレをした後にくる筋肉痛は、セルフケアで痛みを緩和することができることが多いです。急性期の痛みがひどい場合は、筋肉が炎症を起こしている状態なので、痛い部位を冷やしましょう。
ひどい痛みが治まってきたら、中に溜まっている筋疲労物質を流れやすく、さらに、必要な酸素や栄養を取り込めるように、血液の流れを良くするように心がけてください。また、ぬるめのお風呂ゆっくり浸かって、お風呂上がりには、無理のない範囲でストレッチを行いましょう。血行がよくなることで、筋肉痛が和らぎ、疲労回復にもつながります。
ストレッチで痛みを感じる場合は、筋繊維がダメージを受けている状態なため、無理をしてしまうと肉離れを起こす可能性があります。ストレッチをしたときに違和感があったら、無理に動かさず安静にして様子をみましょう。

YouTube動画はこちらから

肩のストレッチ

肩のストレッチ

肩を上にあげつつ、すぼめて力をこめ、一気に脱力します。これを5回繰り返します。

背伸びのストレッチ

背伸び

手を組んで手の平を返して上を向かせ、背伸びをします。両腕を耳の後ろにつけて10秒間キープし元の姿勢に戻します。

これを3回繰り返しましょう。

胸のストレッチ

胸

両肘を後ろに引いて、左右の肩甲骨を近づけて10秒キープします。これを3回繰り返しましょう。

背中のストレッチ

背中

正座をして背中と胸を張って、後ろで手の平を組みます。
体を前に倒さないようにしながら、腕を上げます。
痛くないくらいの程度の高さまで上げ、30秒キープして緩める動作を、3セット繰り返しましょう。

肩甲骨のストレッチ

肩甲骨

左手を真上に上げて肘をたたみ手の平を背中へ。右手で左手の肘の内側を持って右に引き
体も右側面へ倒していき、20秒キープ。左右逆に行うのを1セットとして2セット行います。

わき腹のストレッチ

わき腹

膝を90度に曲げて仰向けに寝て、両手を組んだ状態で頭上へ肘を伸ばして上げます。
上半身を固定したイメージで、両膝をくっつけた状態のまま腰を左右へ倒していきます。これを片側5回ずつ行いましょう。

最後に

筋肉痛になった時のストレッチは、いつもよりゆっくりめで30秒ストレッチして、筋肉をゆっくり伸ばしていきましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 昼間なのにやたら眠気を感じる人におすすめ!自律神経を整えるためのス…

  2. 1日たった3分でできるツライ肩こり解消ストレッチ

  3. イスを使うといつもより気持ちよく伸ばせるストレッチ

  4. 自分で押してみよう!頭痛や肩こりに効く頭のツボ紹介