バランスボールを使って不安定な姿勢を制御するプログラム

バランスボール・ミニボール運動

バランスボール

今回のトレーニングの目的として、深い筋層を意識しながら、腹直筋や外腹斜筋といった表層の筋肉、また下半身の筋肉を強化します。
バランスボール上での不安定な姿勢を制御することで、体の弱い部分が鍛えることが出来るので、姿勢の左右差も改善しやすくなります。

YouTube動画はこちらから

1.バランスボールプランク

プランク

バランスボールの上に左右の前腕部分を乗せます。足は、つま先立ちになるようにして、なるべくボールから遠い位置に足をつくようにします。頭から足までが一直線になるようにキープします。

30秒キープしましょう。

2.バランスボールレッグリフト

レッグリフト

あお向けになり、頭の上にバランスボールを置きます。両足少し床から上げます。

つま先をつける

この位置を始めの位置とし、そこから、つま先をボールにつけるように腹直筋の力を使って引き付けます。

10回、2セット行いましょう。

3.ボールチェアトレーニング

ボールチェアー

イスを用意します。イスの座面に前腕を乗せ、イスの背の縁を両手でもちます。両足の膝下をバランスボールに乗せます。頭から踵までが一直線になるようにします。

膝を曲げる

その状態から、お腹の力で膝を曲げ、膝をお腹に近づけます。

10回、2セット行いましょう。

4.ヒップリフト

あお向けに寝ころびます。バランスボールの上に両足を乗せます。両手は、腰の横に伸ばしておきます。

お尻を浮かせる

その状態で、お尻を持ち上げて、体が一直線になるように伸ばします。

この動作を10回、2セット行いましょう。

5.クランチレッグエクステンション

あお向けになり、くるぶしあたりにボールをはさみ、膝が90度になるように膝を曲げます。両手は、頭の上に伸ばしておきましょう。

お腹を曲げる

その状態から膝を伸ばすと同時に、お腹を曲げます。

この動作を10回、2セット行いましょう。

まとめ

バランスボールを使うことで、いつもの筋トレより、いろんな筋肉を使うので、普段では鍛えれていなかった部位も鍛えることが出来ます。筋肉を強化して、さらに良い姿勢がつくれるようトレーニングしてください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 左右の太ももの間にすき間をつくる内転筋トレーニング

  2. ランニング中に腰が痛くなってきた時の対処法

  3. ランニング後のクールダウンストレッチでじっくり伸ばして疲労回復

  4. ランニング前のウォーミングアップでケガの防止と正しいフォームをつく…