【筋トレ女子】腕を強くするプロネーション

指・手・腕・肩の痛み 美トレーニング

プロネーション

前腕のエクササイズといえば、ダンベルを手に持って手首を曲げ伸ばしするリストカールやリバースリストカールばかりされる方が多いですが、本来、人の手先は細やかな動きをします。つまり、ぞうきんを絞ったり、水道の蛇口を回したり、ひねる動作が必要になります。そういったときに使う筋肉が回外筋です。
テニスやバドミントン、剣道やソフトボールなど多くの手を使うスポーツでは回外筋の働きは大切です。そんな大切な回外筋、いまいちど丁寧にトレーニングしてみましょう。

YouTube動画はこちらから

プロネーション

プロネーション

片手にダンベルを持ち、イスに座ります。脚は肩幅に開いておきましょう。ダンベルの重さは筋力に合わせて変えてもらったらいいのですが、今回は2キロのダンベルを使います。男性なら3キロぐらいから始めてくださいね。

ダンベルを持った腕の前腕を太ももの上に乗せて、反対の手でぐらつかないように押さえ込みます。押さえる手は手の甲が上を向くように置きましょう。

縦にねじる

ダンベルを床に水平になるように持ち、息を吐きながら1秒かけて外側に腕をねじります。床に垂直の位置までねじったら、今度は息を吸いながら2秒かけて戻します。

10回繰り返しましょう。反対の腕も同様に行いましょう。3セット行います。

最後に回外筋のストレッチ

回外筋

両手にダンベルの端をしっかりと握り、イスに座って前腕をそれぞれの太ももに置きます。上体を前に傾けてダンベルを床と垂直にします。

内側にねじる

ダンベルの重さを利用して腕を内側にねじり、心地よいストレッチ感がくるところでキープしましょう。

10秒間キープしましょう。2セット繰り返しましょう。

最後に

今回の前腕をねじる筋トレはスポーツされている方だけでなく、日ごろからよく腕を使う方にも使い痛みの予防として効果的です。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 股関節の動きを良くしてしゃがむ動作を楽にするストレッチ

  2. 変形性膝関節症には筋力をつけるトレーニングを

  3. 体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!ストレッチ編

  4. 体が硬い方にやってもらいたいストレッチ!柔軟性チェック編