肩こりの原因になる猫背をリセットするエクササイズ

姿勢・骨盤・肩甲骨を整える

肩こり

在宅ワークや家にいる時間が多くなると、座っている時間も長くなります。自宅でだれの目も気にせず座っていると、知らず知らず姿勢も崩れがち。
背中が丸くなって猫背になると肩こりも多くなります。
ちょっとしたすき間時間にエクササイズで気分転換しながら背すじをリセットしましょう。

YouTube動画はこちらから

胸のストレッチ

胸のストレッチ

脚を腰幅に開いて立ち、両腕を体の横に下げます。両腕を外側にねじり、胸を張り、肩を後ろに引きましょう。

2秒間キープしたら元に戻します。これを10回くりかえしましょう。

オーバーヘッド・スクワット

オーバーヘッド

脚を肩幅に開いて、腕をまっすぐ天井に伸ばして手のひらを向かい合わせにします。この時、肘が耳の後ろになるまで腕を上げて、背中を伸ばしておきます。

スクワット

後ろにお尻を引くように、膝が90度に曲がるまでしゃがみましょう。

この動きを10回、2セット行いましょう。

背骨のエクササイズ

背骨

床に四つ這いになります。おへそをのぞきこむように背中を丸くして頭を下げます。

頭あげる

次に頭を上げ、顔を正面に向けながら背中を反らせましょう。

この一連の動きを10回、2セット行いましょう。

お腹のストレッチ

お腹

床にうつ伏せになり、両手を胸の横につきます。足先は腰幅でつま先を伸ばしておきます。

肘を伸ばす

両手で床を押すように肘を伸ばして顔を天井に向けましょう。

20秒間キープしましょう。

胸椎のストレッチ

胸椎

壁の一歩前に立ち、両手を肩幅に広げて頭の高さで手をつきます。上体を前に倒して背中を伸ばして胸を張りましょう。

背中

耳が腕よりも低くなるぐらいまで背中を沈めましょう。

20秒間キープしましょう。

最後に

在宅勤務中、イスの背もたれに持たれて、ふと気づくと姿勢を崩していた。という経験をしている人も多いはず。体を傾けたり、背中を丸くしているクセになると、呼吸が浅くなって思考力低下やストレスを感じやすくもなります。まずは背中を伸ばした姿勢でイスに座ることを意識しましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 腹横筋と多裂筋を鍛えて慢性の腰痛を解消

  2. たくましい脚にするふくらはぎのトレーニング

  3. 猫背によって衰えてしまった筋力と正しい姿勢を取り戻すエクササイズ

  4. 1日5分で効率よくメリハリボディーをつくるトレーニング