運動効果をUPするチューブ体操

チューブトレーニング

チューブ

伸縮性のあるトレーニングチューブを使って身体をしっかりと動かし、肩こり、首こりを解消しましょう!

YouTube動画はこちらから

背伸びの体操

下を見る

チューブを両手に持ち、ピンと張りながら、腰を曲げて下を見ながら腕を下げます。この時、膝が曲がらないようにしましょう。

背伸び

次に両腕を真上に伸ばしながら背伸びをして、顔を上に向けてチューブを引っ張ります。

この動きを5回繰り返しましょう。

足の踏み込み体操

足の踏み込み

チューブを背中に回して両手で握り、腕をできるだけ前に伸ばします。

胸を開く

片脚を前に大きく踏み込み、腰を落としながら、胸を張り、腕を横に開きます。

足を交互に1回として、この一連の動きを5回繰り返しましょう。

体の横倒し体操

体の横倒し

足を肩幅より大きく開き、頭の上でチューブを伸ばし、体を左右に倒しましょう。

左右を1回として5回繰り返しましょう。

肩甲骨の引き寄せ体操

肩甲骨引き寄せ

腰から上体を前に倒して、腕を前に伸ばしてチューブを引っ張ります。

お腹の前で引っ張る

上体を起こし、お腹の前でチューブを引っ張り、肩甲骨を引き寄せます。

5回繰り返します。

肩甲骨の引き下げ体操

肩甲骨引き下げ

足を肩幅に開き、腕を下げてチューブをピンと張ります。チューブを握った手を上に上げて、顔も上に向けます。チューブを引っ張りながら背中に引き下げましょう。

5回繰り返しましょう。

腕の引き寄せ体操

腕の引き寄せ

チューブを引っ張りながら腕を頭の上に伸ばし、顔も上に向けます。

引き手

左脚を後ろに引き、左腕はそのまま、右腕の肘を後方に引きながら目線を引き手を見るように下げましょう。

5回繰り返したら反対側も同様に行いましょう。

腕の引き締め体操

腕の引き締め

足をそろえて立ち、どちらかのかかとでチューブの端を踏み、反対の端を体の後ろで両手でつかみます。両膝を曲げ、股関節から上体を前に倒します。

姿勢を変えずに、腕を伸ばしたまま、つかんだチューブを上に引き上げましょう。

5回繰り返しましょう。

最後に

トレーニングチューブがあれば場所、時間を選ばず、いつでも簡単に身体をリフレッシュして、姿勢も整えやすくなります。仕事の合間、家事の息抜きタイムに試してみて下さい。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 足首のブレを抑えて安定させる筋力トレーニング

  2. 腰、股関節そして膝関節のブレを抑えて安定させるための筋肉トレーニン…

  3. 腰まわりの筋肉をほぐすストレッチ

  4. じんわり気持ちいい!背骨のねじりストレッチ