足首捻挫の固定

動画はこちらから↓

足首の捻挫

マラソン、ランニングだけでなく、どのスポーツでも足首を捻挫するリスクは高いです。

捻挫をした時、損傷した靭帯を固定しておくのが早く回復させる近道です。

ごく軽度の捻挫ならばテーピングやサポーターでも良いけれど、腫れや痛みがあってスムーズに歩きにくい場合は包帯で固定すると日常生活が楽ですよ!

痛みや腫れが強い時、内出血がある時は骨折や靭帯断裂などの可能性もあるので自己判断せずに医療機関で受診してくださいね!

包帯の種類

綿包帯

包帯は綿100%のものを使用してください。

伸縮包帯だと固定にはなりません。

サイズは5裂です。

エラスコット

エラスコット包帯3号は少しの伸縮がありながら綿100%で固定力が十分あるので扱いやすいです。

巻く方向を考えましょう

外返し捻挫

外返し

赤い矢印の方向に捻って捻挫した場合、内くるぶし周囲に痛みや腫れがあります。

内返し捻挫

内返し

足首を内側に捻り、外くるぶし周囲が痛い。

この内返し捻挫の方が発生頻度が高く、大部分の足首捻挫はこのタイプになります。

包帯の巻き方

包帯スタート

今回は右足の内返し捻挫を固定する包帯を巻きます。

巻く方向は怪我をした方向とは逆方向に巻くことになります。

足裏が外を向くようにイメージして巻いてくださいね。

足首で一周包帯を巻きます。

巻き始めに包帯の端の下側をはみ出しておきます。

端を重ねる

はみ出した包帯の端の下側をつまんで引っ張り、しっかりときつく巻きます。

端を折り返し上に重なるようにもう一周足首に巻きます。

足の裏に

足首から足の裏に向けて巻きます。

引っ張らず、たるまないように、足首を直角にした状態で巻きましょう。

8の字を描く

8の字を描くように巻きます。

ずらしながら

包帯をずらしながら、広い範囲を覆うように巻きましょう。

足首を覆う

指の付け根から足首の少し上までしっかりと覆います。

巻き終わり

巻き終わった端は紙バンで止めます。

足首の包帯

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

橋本接骨院のホームページ

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日