首の寝違い、痛みにテーピング

首のテーピング

首にかかる負担をテーピングで軽減

姿勢の崩れ

首の痛み

ヒトの首は重たい頭を支えるために前にカーブした形をとっているのが自然な形です。

ところが姿勢の崩れから猫背になったり、浅い呼吸のため背中を丸くしたり、スマホなどでストレートネックの状態になったりと頭の重みを支えきれなくなる状態になりやすいです。

このような姿勢から首の筋肉は緊張しっぱなしです。

こういう状態の時に寝違いを起こしたり、首の筋肉を痛めたり、首が回らなくなったりした時はテーピングを貼りましょう。

テーピングで首を補強すると首の痛みも楽になりますよ!

用意するテーピング

マルチカラーテーピング

GONTEXマルチカラーテーピング

30㌢ 2本

25㌢ 2本

テーピングはキネシオタイプの伸縮するものでもいいです。

首のテーピングの貼り方

背骨の横

首を軽く曲げて、肩甲骨の下と背骨の間から30センチテープを貼り始めます。

背骨に、肩甲骨にテープがかからないように注意しながらまっすぐに上へ貼ります。

肩甲骨の上端を超えたらテープをギリギリ背骨に近づけ首の後面、テープの内側の端が首の正中線の位置に近づけて

、髪の毛の生え際まで貼ります。

テープは引っ張らずに貼ってくださいね。

背中2本め

背骨の左右、高さをそろえて貼ります。

2本のテープは首のところで近づけましょう。

首の横

髪の毛にかかるとテープが浮いてしまいます。そうならないようにカットしてください。

3本目のテープ

3本目のテープは25センチの長さで貼ります。

肩の端の上に骨が触れます。

そこから首と背中の境目の背骨の出っ張りに向けて貼りましょう。

このテープも引っ張らずに貼ります。

背骨を超えるまで

首と背中の境目の背骨を超えたところまで貼ります。

反対側の肩

反対側の肩も同様に貼ります。

首コリテープ

完成です。

[char no=”3″ char=”柴やん”]

GONTEXマルチカラーテープは7色あります。目立たない肌色もありますよ!

[/char]

マラソン前のメンテナンス、走った後の疲労回復、ランニングでの痛みなどお気軽にご相談ください。

橋本接骨院はランナーの皆様を応援致します。

姫路市小性町290-3船場西ビル1階

℡ 079-298-2541

月~金 8:30~12:00 15:00~20:00

土   8:30~14:00

日・祝日 休診

関連記事

  1. テーピング

    足関節捻挫のテーピング

  2. ストレートネックになったとき気をつけて欲しい3つの重心ポイン…

  3. テニス肘

    テニス肘になった時試したい3つのテーピング法

  4. 神戸マラソン応援するぞ

    足首捻挫のテーピング

  5. 膝を抱える

    ランナー膝(腸脛靭帯炎)になったら貼るべき基本のテーピング

  6. 斜めジャンプ

    ランニング時に足首を安定させるテーピング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 呼吸筋
  2. 猫背
  3. 呼吸エクササイズ
  4. ランニング
  5. 肩のインナーマッスル
  6. 運動不足
  7. 脚の動的ストレッチ
  8. 走り始めをスムーズに
  9. 腸腰筋
  10. 引き締め

チャンネル登録お願いします