腰をストレッチ 硬くなった腰を柔らかく

腰痛

体幹を強くするために

普段の生活で手や脚をよく動かしますよね!でも手足に比べて土台である体幹はあまり動いていない状態になりがちです。

腰をしなやかにして、体幹を活用できる身体にしましょう。

YouTube動画はこちらから↓
腰をストレッチ〜硬くなった腰を柔らかく〜

膝を押さえて上体ひねり

上体捻り

足を肩幅より大きく開き、膝を曲げます。背中を真っ直ぐにしたまま左膝の外側を両手で押さえ、体重を左足にかけて、上体を右にねじりましょう。この時膝が内側に入り込まないようにして下さい。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

片膝立て上体ひねり

膝立て捻り
膝立て捻り横

脚を伸ばして座り、左膝を立て、伸ばした右膝の外側に足を置きます。左手を後方に置いて、右肘で左膝を押さえながら腰をねじりましょう。この時顔は後方に向けます。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

膝抱えゴロゴロ

ゴロゴロ右

仰向けで両膝を抱えて左右にゴロゴロ転がしましょう。

ゴロゴロ左

左右20回転がしましょう。

片足立ち上体ひねり

片足立ち

左足で片足立ちになり、右足の小指側を左手でつかみます。両足とも膝をできるだけ伸ばしてバランスを取りながら上体を右にひねり、キープします。

20秒間キープしましょう。

片足立ち右

反対側も同様に行います。

片脚伸ばし上体倒し

片足伸ばし

床に右脚を伸ばし、反対の左脚を曲げて足の裏を右の太ももに当てます。右手で右足先をつかみ、右肘を脚の内側に入れながら上体を倒しましょう。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

膝を曲げてかかとをお尻に

膝を曲げてかかと

床にうつ伏せになり、右肘を床に置き、左手で左足をつかみ、かかとをお尻に近づけましょう。この時視線は正面を向けて下さい。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

関連記事

  1. ぎっくり腰のツボ5 委中(いちゅう)

  2. 腕のストレッチ

    腕をストレッチ 使える腕に

  3. 激しい痛みのぎっくり腰

    ぎっくり腰 痛みが強い時

  4. お尻の痛み 梨状筋症候群

  5. 両手伸ばし

    日々のストレッチ〜肩〜

  6. 壁に手をついている

    ランナー膝(腸脛靭帯炎)のストレッチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 動的ストレッチ
  2. 朝の腰痛
  3. 30キロ
    30キロの壁

    2019.02.13

  4. シンスプリント
  5. ランナー膝
  6. ふくらはぎ
  7. 肩のストレッチ
  8. ランナーの膝
  9. 目覚め
  10. 動的ストレッチ

チャンネル登録お願いします