骨盤をストレッチ 動ける身体を維持するために

骨盤ストレッチ

普段、骨盤の動きを意識することは少ないですが、走る・歩くためには骨盤が自在に動かないと脚がついていかないばかりか腕を振る動きにも制限がかかります。使える身体のためには骨盤周りの筋肉をしっかりとストレッチしておきましょう。

YouTube動画はこちらから↓
骨盤をストレッチ〜動ける身体を維持するために〜

足裏合わせて上体起こし

上体を起こす

うつ伏せで足の裏同士をあわせて、両手を床につけ上体を起こします。

この状態を20秒間キープしましょう。

あぐらで上体倒し

あぐら

あぐらをかいて座り、背中を伸ばした状態から腕を前に出し、身体を前に倒していきます。

倒したら20秒間キープして下さい。

膝のパタパタ

膝のパタパタ

仰向けで寝転がり、頭上で両手を絡めて伸ばし、膝を曲げて両足の裏を合わせます。膝を上下にパタパタと動かしましょう。

20回繰り返します。

手を上げて上体の側屈

側屈

左膝を床につき、右脚を横に広げて伸ばします。左手を真っ直ぐ上に伸ばして右足の方に腕から身体を倒しましょう。横腹から股関節、太ももまでしっかりと伸ばします。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

脚を開いて肩を入れる

肩を入れる

両足を大きく開き、つま先を横に向け、膝を直角に曲げます。両手は膝に置き、左肩を内側に入れて上体をひねります。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

脚を開いてつま先へ

つま先へ

床に座り大きく最大限開脚します。この姿勢から背すじをまっすぐにしたまま横に倒し、両手でつま先をつまみます。

20秒間キープしましょう。

反対側も同様に行います。

関連記事

  1. 「あぐらがかけなくなった」これは変形性股関節症かも

  2. 肘の痛み

    テニス肘(上腕骨外側上顆炎)になった時するべきエクササイズ

  3. 太もも

    太ももをストレッチ〜脚を自在に動かすために〜

  4. 肩のストレッチ

    野球、テニスなどでの肩の痛みを予防するストレッチ

  5. 臀部反対側

    日々のストレッチ〜体幹〜

  6. 腰のストレッチ

    日々のストレッチ〜腰〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 動的ストレッチ
  2. 朝の腰痛
  3. 30キロ
    30キロの壁

    2019.02.13

  4. シンスプリント
  5. ランナー膝
  6. ふくらはぎ
  7. 肩のストレッチ
  8. ランナーの膝
  9. 目覚め
  10. 動的ストレッチ

チャンネル登録お願いします