1. LINE予約&無料相談

    LINEで簡単予約・無料相談

  2. 料金

    施術料金の目安

  3. 施術について

    痛みのない生活へ

  4. 地図・受付時間

    橋本接骨院の地図情報

疲れや眠気をリフレッシュする肋骨エクササイズ

体操・エクササイズ

肋骨

肋骨は普段意識して動かしていませんが、私たちは呼吸をするたびに肋骨を動かしています。
この肋骨の動きが悪くなると疲れやすい体質や肩こりの原因にもなります。

深く深呼吸

肋骨の下のほうを両手でつかんで、深く深呼吸してみましょう。息を吸うと上に広がり、息を吐くと下にすぼむのがわかります。みなさんもやってみましょう。
吸って・・・ 吐いて・・・・
呼吸をするたびに全体的にスライドしながら上に広がったりしぼんだりするのが手に伝わりますか?

肋骨周りの肋間筋など呼吸筋によって肋骨は動いています。これは胸だけでなく、お腹や首の筋肉もふくまれます。この呼吸筋が硬くなると、肋骨の動きが小さくなり、浅い呼吸となります。
呼吸が浅いと体が疲れやすくなったり、肩甲骨の動きが悪くなって肩凝りを起こします。身体に疲れを感じたら肋骨周りの筋肉をほぐして、深い呼吸を取り戻し、リフレッシュしましょう。新鮮な酸素を脳にも巡らせるので、眠気覚ましとしても効果的ですよ!

YouTube動画はこちらから
疲れや眠気をリフレッシュする肋骨エクササイズ

肋骨エクササイズ

肋骨を左右に広げるエクササイズ

肋骨を左右に

うつ伏せになり、片手はあごの下に置き、反対の手は横に伸ばします。横に伸ばした側の足はつま先を立て、反対の脚は膝を直角にまげます。

手と膝を持ち上げる

伸ばした手のひらを前方に向けて、床から上げながら上半身を持ち上げ、同時に曲げた膝も床から10センチほど上げます。視線は上げた手先に向けてください。

10回繰り返しましょう。反対側も同様にしましょう。

肋骨の歪みを調整する寝返り運動

寝返り運動

うつ伏せになり、片手はあごの下に置き、反対の手は横に伸ばします。

上半身を回転

伸ばした手を上げ、上半身の力だけで上体を回転させ、両手を伸ばしてあおむけになります。

仰向け

左右交互に2回行います。

肋骨の位置をリセット

肋骨の位置

イスに浅く座り、両腕を頭の上に伸ばして、両肘を左右の手でつかみます。

前に倒す

背中を真っ直ぐにしたまま、ゆっくりと3秒かけながら前に倒し、次に3秒かけて元の姿勢に戻ります。

10回繰り返しましょう。

最後に

胸が広がって新鮮な酸素でリフレッシュできましたか?このエクササイズで背中や肩のこりも楽になるはずです。眠気や頭がボーっとしたときにやってみましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 気持ちよく簡単にできる基本のストレッチ②

  2. 気持ちよく簡単にできる基本のストレッチ①

  3. しなやかボディーをつくるストレッチ

  4. 自宅で簡単!ダンベルトレーニングで代謝を上げる