肩こりを解消する血流改善のストレッチ

ストレッチ 首・肩・肩甲骨

肩こり

今回は肩こり、首のこりにお悩みの方におススメのストレッチです。デスクワークなどで固まった首や肩の筋肉を伸ばしていくストレッチは筋肉に柔軟性を回復させるだけでなく、血管の機能や動脈の硬さも改善されます。血管を伸ばして血流速度を上げる事でコリの改善が早くなります。

YouTube動画はこちらから

僧帽筋ストレッチ

僧帽筋

足を腰幅に開き、肩を脱力して首を横に倒します。

20秒間キープしましょう。反対側も同様に行います。

前腕屈筋ストレッチ

前腕屈筋

腕をまっすぐに前方へ伸ばし、反対の手で指先を押さえて引き寄せましょう。

20秒間キープします。反対側も同様に行います。

三角筋ストレッチ

三角筋

肘を伸ばして腕をまっすぐ前に出します。反対の前腕で腕を引き寄せましょう。

20秒間キープします。反対側も同様に行います。

上腕三頭筋ストレッチ

上腕三頭筋

片手を頭の後方に回し、肘を曲げて前腕を下に垂らします。反対の手で肘をつかみ、斜め後方に引きましょう。

20秒間キープします。反対側も同様に行います。

菱形筋(りょうけいきん)ストレッチ

菱形筋

両手を組んで前方に伸ばし、顔は正面に向けたまま背中を丸めて肩甲骨を離れるように腕を前方に引き出します。

20秒間キープします。

大胸筋ストレッチ

大胸筋

両手を腰の後ろで組み、腕を伸ばしたまま引き上げます。この時、左右の肩甲骨が近づくように胸を張りましょう。

20秒間キープします。

腹斜筋ストレッチ

腹斜筋

足を大きく開いて片手を腰に当てます。反対の手を頭上に伸ばして横に体を傾けましょう。

20秒間キープします。反対側も同様に行います。

最後に

寒くなってくると血液の巡りが悪くなりがちです。肩こりがある方は首をすくめたり、着るものが重くなり、こりを慢性化させてしまいがちです。血液には酸素を筋肉に運ぶ役割があり、血流が弱るとスタミナ不足や、筋疲労を起こしやすくなります。
朝晩が冷えがちなこの時期、毎日のストレッチで肩こりをかいしょうさせましょう。

肩こりの方、首や肩に痛みやだるさのある方、姫路市の橋本接骨院にお越しください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。