つらい肩こりにおすすめのストレッチ

首・肩のこり

肩こり

つらい肩こりになってしまい、改善をしたいが、どのようにストレッチなどをすればいいか分からないと言った方も多くいます。
まず、肩こりの原因として、悪い姿勢でのデスクワークや、長時間パソコンの画面やスマホの画面を見続けたり、どちらかの肩だけに重たいものを持ち続けていたり、ストレスにより筋肉が緊張してしまうからです。そんなつらい肩こりを少しでも楽にするために、分かりやすい簡単なストレッチを紹介します。

YouTube動画はこちらから

腕を上に伸ばすストレッチ

腕を上げる

肩幅くらいに足を広げ、手を正面に向けたまま、片腕を上に上げれる所まで上げます。5秒かけて上に伸ばし、上げたら3秒キープして、5秒かけて下ろします。

反対の腕も同様に行います。伸ばしているときは、肘が曲がってしまわないように注意して下さい。

左右を1回として5回繰り返します。

腕を動かすストレッチ

腕を動かす

イスに座ります。両手を顔の前でまっすぐ伸ばし、伸ばせるとこまで伸ばしたら、手を組みます。

まずは、前にゆっくり倒します。

後ろに

次に、後ろに反らします。

右に

次に、右側に捻ります。最後に、左側に捻ります。

どれも、伸ばせるところまで伸ばしたら5秒キープします。

1通りで1回として、5回繰り返しましょう。

肩を回すストレッチ

肩を回す

イスに座ります。左手で右の肩を押さえます。

肩を大きく前に回します。次に後ろにも回します。

力を抜き、ゆっくり大きく各5回づつ回します。

反対側も同様に行います。

タオルを使った上下のストレッチ

1本の少し長い棒を用意します。棒がなければ、タオルでも構いません。

肩幅くらいに足を広げて立ちます。手の甲が上向きになるようにして棒を両手で持ちます。

頭の上

肘を伸ばしたままゆっくりと頭の上にあげ、頭の後ろで、ゆっくり上げ下ろしをします。首は真っ直ぐ前を向いたままキープしておきましょう。

1往復を1回として5回繰り返します。

肩甲骨をほぐすストレッチ

肩甲骨

イスに座ります。両手を後ろで組みます。

そのまま、後ろに伸ばしていきます。

20秒キープしましょう。

寝ながら肩を回すストレッチ

肩を回す

左手が上にくるように横向きに寝転びます。左腕を肩から大きく後ろにゆっくり回します。

反対側を向いて右腕も回します。

5回ずつ行いましょう。

まとめ

つらい肩こりには、ストレッチを行うことがおすすめです。筋肉をほぐすことで肩こりの解消につながります。簡単なストレッチなので、お家にいる隙間時間や寝る前など時間を有効活用してストレッチをしてみてください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 首・肩が重ダルい時にして欲しい肩甲骨の動的ストレッチ

  2. 昼間なのにやたら眠気を感じる人におすすめ!自律神経を整えるためのス…

  3. 1日たった3分でできるツライ肩こり解消ストレッチ

  4. イスを使うといつもより気持ちよく伸ばせるストレッチ