フォームローラーの使い方

フォームローラー

フォームローラー等は固まった筋肉や姿勢を緩めてリセットする道具です。継続して使うことで腰痛や肩こりもケアできます。
前かがみにに固まった筋肉の緊張が、ゆっくりと伸ばされ、自分の腕や足の重みでストレッチされます。また、フォームローラーの上で寝転がるだけで、肋骨が開き、呼吸筋が整います。そして無意識に姿勢を支える深層の筋肉が働き、姿勢改善になりますよ!
毎日の疲れや、筋肉をその日のうちにケアしましょう!

YouTube動画はこちら
フォームローラーの使い方

基本姿勢

基本姿勢

後頭部、お尻をフォームローラーに乗せて、膝を立て、足を肩幅ぐらいの安定する位置に置きます。両手をつっぱらない程度に伸ばし、手の甲を床につけます。身体が安定してリラックスできる位置に微調整して、30秒間、呼吸を深くゆっくりと行いましょう。

片手片足伸ばし

片手片足

基本姿勢から片足を床に滑らせて伸ばします。反対の腕も床を滑らせながら横に開きましょう。身体がフォームローラーに巻きつくイメージで30秒間キープしてください。次に反対の手足も同様に伸ばしましょう。

手の回転

手の回転

基本姿勢の状態で床に縁を描くように腕を回します。肩周囲の筋肉をリラックスさせながら動かしてください。内回しを10回したら外回しを10回してください。

肩甲骨の上下

肩甲骨の上下

基本姿勢から両手のひらを向かい合わせにして、天井に向けて両腕を伸ばします。そこからさらに腕を伸ばして肩を前に出しましょう。

肩を落とす

そして、力を抜き、肩の力を抜いて、肩を落とすイメージで戻します。10回繰り返しましょう。

腕の羽ばたき

腕の羽ばたき

基本姿勢から腕をゆっくり横に広げ、肩の高さにまで広げたら元の位置に戻します。肩の突っ張りを感じない範囲で、鳥が羽ばたくように動かしましょう。10回繰り返します。

背中のマッサージ

背中のマッサージ

基本姿勢から手のひらを床に向け、バランスを維持しながら上体を30回左右に振りましょう。

腰のマッサージ

腰のマッサージ

フォームローラーを横にして腰に入れ、仰向けになります。両腕を肩の位置まで広げ、両足を伸ばします。このままフォームローラーを上下に30回動かしてください。

最後に

フォームローラは力を入れずにリラックスして使ってみましょう。気持ちよく身体を伸ばすことが出来ますよ!

関連記事

  1. 肋骨

    疲れや眠気をリフレッシュする肋骨エクササイズ

  2. ミルキングアクションの走り

    ミルキングアクションで「こむら返り」と「むくみ」を解消

  3. 夜の書写

    深い呼吸のためのストレッチ

  4. お腹1日目

    2日間お腹周り引き締めトレーニング〜1日目

  5. 太もものストレッチ

    ランニング後はしっかりと伸ばしたい〜太ももへのストレッチ〜

  6. 股関節の痛み

    変形性股関節症だけでなく膝も痛い時のストレッチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。