体のゆがみをとる姿勢改善ストレッチ

ストレッチ 姿勢

身体のゆがみ

長年の体の使い方、歩き方のクセ、積み重ねればゆがみの原因になります。ゆがみをとって正しく筋肉を使えるようにストレッチを行いましょう。

YouTube動画はこちらから

肩

足を腰幅に開いて立ち、両腕を前に出します。腕をねじり、手のひらを外に向けて、親指が下を向く姿勢からスタート。

息を吸い、吐きながら腕、親指、肩を外にねじり、限界のところで2秒間キープしましょう。腰を反らせないように意識して行いましょう。

10回繰り返しましょう。

胸

壁の横に立ち、片方の手を壁につけて前腕もぴったりつけます。肘を肩より少し高い位置にしましょう。反対の手は上げた腕側の胸につけてください。

息を吸い、吐きながら体をねじりましょう。胸から腕、体幹部がねじれるのを意識して20秒間キープします。反対側も同様に行いましょう。

首

足を腰幅に開いて、背中を伸ばし、両手を胸で交差させて指先が鎖骨の上にくるように置きます。

上を向いて息を吐きながらあごを突き出すように20秒間キープしましょう。この時、手で胸を下に引き下げるようにしましょう。

股関節

股関節

イスに座り、片足を膝の上に置き両手を置きましょう。体を前に倒し両手に体の重みをかけましょう。

最後に

ゆがみのある姿勢で体を使い続けると、代謝が悪くなることから脂肪が燃焼しにくくなったり、部分的に太く筋肉がついたりします。正しく体を使えるようになると、バランスの取れた体形に近づくことができますよ!

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 散歩とウォーキング

  2. 高齢者特有の歩き方と改善のための体操

  3. 無理をしない、ゆるめの筋トレ

  4. チャレンジ!3つのプランク