初心者のHIITトレーニング

トレーニング・エクササイズ

HIITトレーニング

とってもハードなHIITトレーニング。ついていけない人も多いです。
今回は少しゆるめのHIITトレーニングから始めてみましょう。
ゆるめのHIITトレーニングでも運動強度は高いので短い時間でも汗が噴き出てきます。きちんと行えば筋肉がついて、体調も良くなるので頑張りましょう。

本来は30秒の全力運動ですが初心者向けに20秒でいきます。そして10秒間の休憩。これを連続で繰り返してください。4種目と少ないトレーニングなのでちょっと頑張ればおじさん達でもできます!

YouTube動画はこちらから

①スクワット

4種類の運動、トータルで2分間、全力でいきましょう!まずはスクワットから!

スクワット

脚を肩幅に開き、背中を伸ばして、つま先を少し外に広げます。両手は胸の前でまっすぐに伸ばしましょう。

イスに座るように

イスに座るように腰を落とし、膝がつま先より前に出ないようにします。背中を丸めず、太ももが床と平行になるまで落としましょう。

20秒間スピードを上げて繰り返します。急いで、確実に動かしてください。

②マウンテンクライマー

マウンテンクライマー

床に手を伸ばしてついて体を支えます。足はつま先立ちにして、頭からかかとまで一直線にします。

膝を肘に

左右の膝を交互に肘に引き付けます。

高速で動かしましょう。お尻が浮き上がらないように注意しましょう。

③ヒップリフト

ヒップリフト

あお向けになり、両膝をそろえて曲げ、膝を立てます。手はお尻の横に広げて安定させます。

片脚を上げながら腰を浮かせます。左右の太ももをそろえて、伸ばした脚が肩からかかとまで一直線になるように動かします。

左右交互に

左右交互に動かしましょう。まだ後半に入ったばかり、ばてずに動かしてください。

③プランクウォーク

プランクウォーク

うつ伏せの姿勢からプランクの姿勢をとります。肘をついて、足はつま先で体を支え、一直線をキープします。

前腕をつける

片手ずつ前腕を床につけて

反対の腕

腕を伸ばします。左右交互に動かしましょう。

疲れてくるとお尻が下がります。ラストスパート!一直線をキープして動かしましょう。

お疲れさまでした

HIITトレーニングだけで有酸素運動と筋トレの両方が効果的にできます。短時間でも効率よく、楽しく続けましょう!慣れてきたら30秒に全力運動に切り替えてみて下さい!

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 首・肩が重ダルい時にして欲しい肩甲骨の動的ストレッチ

  2. 昼間なのにやたら眠気を感じる人におすすめ!自律神経を整えるためのス…

  3. 1日たった3分でできるツライ肩こり解消ストレッチ

  4. イスを使うといつもより気持ちよく伸ばせるストレッチ