1. LINE予約&無料相談

    LINEで簡単予約・無料相談

  2. 料金

    施術料金の目安

  3. 施術について

    痛みのない生活へ

  4. 地図・受付時間

    橋本接骨院の地図情報

運動前に取り入れたい太ももの動的ストレッチ

動的ストレッチ 膝・太もも

動的ストレッチ

動的ストレッチはダイナミックストレッチとも呼ばれ、 体を動かしながら関節や筋肉を柔らかくする事で血流量が増大します。
つまり筋肉が活発化することでケガの防止に繋がります。筋肉や関節が刺激されて可動域を増やし、体の運動準備をするため、パフォーマンスの向上に繋がります 。
今回は人体の中で大きな筋肉が集中している太ももとふくらはぎの動的ストレッチをしてみましょう。

ユーチューブ動画はこちらから

内転筋の動的ストレッチ

内転筋

あお向けで両膝を立ててそろえます。

パタパタ

勢いをつけて両膝を床に近づけるようにパタパタ動かしましょう。倒す動きが硬い人は膝を少し伸ばして行ってみてください。

20回繰り返しましょう。

大腿四頭筋の動的ストレッチ

大腿四頭筋

横向きに寝転がり下の手で頭を支え、上の手で上側の足の甲をつかみます。

前に動かす

足をつかんだま、腰を動かさず、太ももを前に動かし、次に手で引っ張りながら足を後ろに大きく動かします。

後ろに

テンポよく一連の動きを繰り返しましょう。

20回繰り返します。

ハムストリングスの動的ストレッチ

ハムストリングス

足を肩幅に開き、両手を太ももの前に垂らし、肩の力を抜いて背中を伸ばします。

上体を前に

膝を伸ばしたまま上体を前に倒し、できるだけ手を床につけるように伸ばします。

前に倒した反動で上体を起こし、この倒して、起こしてを繰り返しましょう。

20回繰り返します。

腓腹筋の動的ストレッチ

腓腹筋

両手、両足を床につけ、お尻を高く持ち上げます。腕と脚はまっすぐに伸ばして背中もまっすぐに、丸めないように注意しましょう。

ジャンプ

両手で体を支えながら両足でジャンプします。つま先で着地して、かかとはできるだけ床に近づくように下ろします。

この動きを20回繰り返しましょう。

最後に

動的ストレッチはリズムかるに筋肉を大きく動かします。身体が硬い人や、運動習慣のない方はいきなり素早く動かすと逆に傷めてしまうので、ゆっくりしたペースで始め、徐々にスピードや動きの幅を広げましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. つまづきやすい、脚が上がりにくいを改善する腸腰筋エクササイズ

  2. ハムストリングスの硬さを改善して肉離れを予防する

  3. 正しい姿勢を作る簡単エクササイズ

  4. 【筋トレ女子】腹直筋をしっかり収縮させるダブルクランチ